「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

再稼働不満で署名提出へ 民主120人超「慎重に」・東京新聞/J-CASTニュース

★与党『民主党』の国会議員する、これだけの人数が、原発再稼動に慎重な判断を求めています。今から、稼動しても夏のピーク時の始まりには、間に合わないと、関電の社長が発言しています。電力不足を「名目」に再稼動を急いできたのですから、今更、急いで再稼動する必要は、全くありません。第一、電力不足は数字の操作で作られたものであり、電力を融通したり企業の自家発電の余剰分を買い取ったり、揚水発電を活用するなら十分、間に合います。

★与党議員が、政府の暴走を止めるのは、大切な事だと思います。余りに、原発利権と官僚機構に振り回されている事は、誰の目にも明らかだと思います。
東京新聞とJ-CASTニュース 〜全文引用

★「東京新聞 TOKYO WEB」から全文引用
再稼働不満で署名提出へ 民主120人超「慎重に」
2012年6月5日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012060502000080.html

 関西電力大飯(おおい)原発3、4号機(福井県おおい町)再稼働問題で、政府に慎重な判断を求める民主党の国会議員の署名が四日、百二十人を超えたことが明らかになった。再稼働を近く最終決定したい野田佳彦首相に、身内の与党から不満が噴出した。 

 署名文は首相宛てで、大飯原発再稼働問題について「今夏は節電などで乗り切ることが国民の大部分の考え方」と指摘。党の作業チームがまとめた免震施設の設置など事故対策が「一つも実現されていない」として、再稼働は慎重にするよう要請した。

 署名は、荒井聡元国家戦略担当相と増子輝彦元経済産業副大臣ら有志議員が呼び掛け、先月三十一日から開始。五日間で党所属国会議員の三分の一近くに達した。近く首相官邸に提出する。

 民主党は五日、関係閣僚の出席を求めて、関連する部門会議や作業チームの合同会議を開催。再稼働した場合の安全問題について議論する。作業チーム事務局長の川内博史衆院議員は「安全対策はすべて福島第一原発事故以前のままの体制で行われている。住民の安全が担保できない状況で、再稼働はあり得ない。慎重に判断すべきだ」と主張している。


「J-CASTニュース 」から全文引用
原発再稼働の条件「一つも実現されていない」 民主議員117人が「慎重対応」求める署名
2012/6/ 5 19:00
http://www.j-cast.com/2012/06/05134593.html
(1)

消費税率引き上げで割れる民主党が、原発問題でも割れようとしている。政府が関西電力大飯原子力発電所福井県おおい町)3、4号機の再稼働を目指すなか、「必要な対策がとられていない」などとして、一部の民主党議員が慎重な対応を求める署名を首相官邸に提出した。署名した議員の数は117人にのぼり、党所属議員の3割近い。
プロジェクトチームは再稼働に向けて5条件を提示

署名は2012年5月31日から原発事故収束対策プロジェクトチーム(PT)座長の荒井聡元国家戦略担当相や、PT座長代理の増子輝彦参院議員(福島県選挙区)の呼びかけで始まり、再稼働を「一層、慎重に判断する」ことを野田佳彦首相に求める内容だ。12年4月に、PTでは(1)免震事務棟の建設や(2)新しい原子力規制組織の設置や法整備など、再稼働に向けた最低条件5つを示しているが、署名の呼びかけ文では、これらの条件が「いまだ一つも実現されていない」と指摘している。

6月5日朝にPTと関連作業チームが合同で約2時間にわたって開いた会議でも、対策の不十分さを指摘する声が続出。PTでは、関係閣僚の出席を求めていたが、結局出席しなかったことについても批判の声があがった。

関係閣僚会議に出席している仙谷由人政策調査会長代行は

「運転再開の判断は党が結論を出すものではない」

などと主張、政府の対応に理解を求めたが、谷岡郁子参院議員(愛知県選挙区)は、この時の様子を

「再稼働に賛成の意見はゼロでした」

とツイッターにつづっている。

(続く)

(2)http://www.j-cast.com/2012/06/05134593.html?p=2
民主党議員の3割が署名

結局、署名には117人の議員が賛同し、6月5日夕方に首相官邸に提出された。民主党所属の全国会議員数は397人なので、約3割の議員が、現時点での野田内閣の方針に反対していることになる。

署名を受け取った斎藤勁官房副長官は「重く受け止める」などと応じたが、斎藤氏は6月4日に細野豪志原発担当相とともに福井県庁を訪れ、西川一誠知事に対して再稼働への理解を求めたばかり。橋下徹大阪市長などが求めている、夏場だけの期間限定の再稼働についても否定的で、PTメンバーとの溝は深いと言えそうだ。