「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

「大飯は安全」判断の裏で/委員半数に原発マネー/福井県専門委(しんぶん赤旗)

★阿修羅♪ >
「大飯は安全」判断の裏で/委員半数に原発マネー/福井県専門委(しんぶん赤旗
http://www.asyura2.com/12/genpatu24/msg/669.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 6 月 14 日 11:15:34: KbIx4LOvH6Ccw

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-06-14/2012061401_04_1.html

しんぶん赤旗」 2012年6月14日(木)
「大飯は安全」判断の裏で/委員半数に原発マネー/福井県専門委


 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の安全性を検証した福井県の原子力安全専門委員会は、県民はじめ国民の強い不安や疑問の声をよそに2カ月 足らずのスピード審査で「安全性」にお墨付きを与えてしまいました。その背景には、原発業界との深い関係があるのではないのか。改めてみてみました。

 福井県原子力安全専門委員会が大飯原発3、4号機の安全性を初めて議題にとりあげたのは4月16日のこと。財界、電力会社の意向を受けた再稼働を急ぐ民 主党・野田内閣と歩調を合わせるように5回の会合を重ね、「安全性が確保されている」とした報告書を11日、福井県の西川一誠知事に提出しました。

 このスピード審査をした委員12人のうち、半数の6人が原発利益共同体の中核団体である「日本原子力産業協会」(原産協会)の会員企業から6年間で計1810万円の寄付を受け取っていました(表、5月4日付一部既報)。

 寄付した企業・団体は、関西電力が出資する「関西原子力懇談会」(関原懇)や大飯原発3、4号機の原子炉を納入した三菱重工業、敦賀原発を持つ日本原電など。福井県や大飯原発と関係がある企業が目立ちます。

 委員の中立性に疑問を残したまま、「安全性」にお墨付きを与えたことは、原子力行政への不信をさらに深めることになります。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/8911.jpg
===================================================

【関連記事】

原発マネー 安全基準検討委員にも/関連業界が寄付 5年で3347万円(しんぶん赤旗
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/714.html
大飯 原発マネー1674万円 耐性試験審査4委員に/三菱や原産協会から(しんぶん赤旗
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/495.html



☆ホームページのご案内
ニュースだけのページ
http://sites.google.com/site/japan20120418news/
福島第一原発事故と日本の原子力産業問題の情報室(北の山じろう)
https://sites.google.com/site/kitanoyamajirou/
福島原発事故がもたらす放射能による環境汚染と健康被害の情報室
https://sites.google.com/site/ennpatujikonohousyanouhigai/
☆記事目次
http://lodgrxfyurruit5gdgyryuuyf.blogspot.com/