「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

九州電力、値上げ幅8.5%に圧縮へ<MSN産経ニュース>

★消費税増税と同じ構図があります。値上げを申請する前に、各電力会社には「やるべき事」が、あるはずです。それは、徹底的なコスト削減と、遊休資産の売却です。中部電力は、極力値上げをせずに努力するとコメントしています。ほかの電力会社も、そうするべきです。


MSN産経ニュース
トップ>http://sankei.jp.msn.com/top.htm
九州電力、値上げ幅8.5%に圧縮へ
2012.11.24 02:06
http://sankei.jp.msn.com/region/news/121124/fkk12112402060000-n1.htm
▼全文引用


 ■原発4基の再稼働前提、人件費1割減

 九州電力が27日に予定している電気料金の値上げ申請で、家庭向けの上げ幅を平均8・5%程度で最終調整していることが23日、分かった。料金算出の前提となる原発再稼働を1基増やして4基とし、人件費を1割程度削減することで、10%前後を想定していた値上げ幅を圧縮する。来年4月からの値上げを目指す。

                   ◇

 経済産業相の認可を伴う値上げは昭和55年以来となる。認可が不要な工場など大口向けの料金も、業種や規模により10〜20%、平均で15%前後値上げする。

 値上げ申請に伴い、九電は社員の本給に加え、手当や福利厚生の大幅なカット、新卒採用の抑制を実施する。取締役の報酬削減幅もこれまでの35%から50%程度に拡大する。人件費の年間削減幅は計150億〜160億円を見込み、労使交渉も本格化させる。

 値上げ幅は保有する原発6基のうち、25年度中に4基程度を再稼働させることを前提にして算出した。川内原発(鹿児島県薩摩川内市)1、2号機を早期に再稼働し、玄海原発(佐賀県玄海町)の2〜4号機のうち2基も順次再稼働するとの前提で、赤字の要因となった燃料費の圧縮を図る。

 九電は原発停止による燃料費や購入電力料の増加で、平成24年9月中間連結決算は1495億円の最終赤字に陥り、10月に瓜生道明社長が値上げを表明していた。関西電力も26日に値上げ申請する方針だ。

★関連した過去記事
電力会社のガス購入価格が割高な事情(理由)
http://d.hatena.ne.jp/point-site-play/20121120/1353357498
関電:米天然ガス先物価格に基づきLNG長期購入へ、BPと<ブルームバーク>
http://d.hatena.ne.jp/point-site-play/20121120/1353357311
国内の使用済み核燃料 資産価値15兆円(日本原燃・川井吉彦)ーー資産として、総括原価法式で電気料金に反映<ブログ「ざまあみやがれい!」
http://d.hatena.ne.jp/point-site-play/20121112/1352706527
事実上発電ゼロの日本原電 利益93億円で平均給与は637万円<NEWSポストセブン>
http://d.hatena.ne.jp/point-site-play/20121112/1352666240
東京都、中部電に電力販売再要請 越境早まる可能性も<SankeiBiz>
http://d.hatena.ne.jp/point-site-play/20121112/1352666135
関電と九電が露払いを務める電力業界の値上げコンセンサスが浮上。地域独占企業のあるべき姿を今一度、考え直してほしい<現代ビジネス>
http://d.hatena.ne.jp/point-site-play/20121111/1352579244
東電:火力を社内分社化…建設・運営で競争、8千億円削減<毎日新聞>
http://d.hatena.ne.jp/point-site-play/20121108/1352316816
東電、火力事業者を一括募集−260万キロワット規模、石炭系の公算<日刊工業新聞
http://d.hatena.ne.jp/point-site-play/20121107/1352238843


☆関連ブログ関東時事日記
政治・経済・社会・国際問題など時事全般については、こちらのブログに掲載しています。
☆ホームページのご案内関東・寄せ集め民報(ニュース・記事)
福島第1原発事故と原発問題、チェルノブイリ原発事故関係情報案内所
福島原発事故と放射能環境汚染・食品汚染・健康被害、チェルノブイリ関連情報案内所