「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

嘉田知事新党は「日本未来の党」 卒原発掲げ結成を表明{朝日新聞}

朝日新聞
ホーム>http://www.asahi.com/
嘉田知事新党は「日本未来の党」 卒原発掲げ結成を表明
2012年11月27日16時19分
http://www.asahi.com/politics/update2/1127/OSK201211270043.html
▼全文引用

 滋賀県の嘉田由紀子知事(62)は27日午後3時過ぎから大津市内のホテルで記者会見し、新党「日本(にっぽん)未来の党」を結成する、と表明した。原発を段階的に削減する「卒原発」など六つの主要政策を掲げ、「未来をつくる政治の結集軸」を目指すとした。

 嘉田氏は知事のまま代表に就く。任意団体としてスタートし、政党を含む幅広い層に賛同者を募る。代表代行には脱原発を訴える環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長が就任する。

 「卒原発」以外の政策の柱は、「活女性、子ども」誰もが居場所のある社会を実現▽「守暮らし」生活に対する不安を取り除く▽「脱増税」消費増税の前に、 徹底してムダを削除▽「脱官僚」国民・地域の立場に立った行政・司法に改める▽「誇外交」食品の安全、医療制度を守り、品格ある外交を展開、とした。

 嘉田氏は「びわこ宣言」も発表。東日本大震災後初の国政選挙であるにもかかわらず、原発のない社会に向けての議論は不透明なままだ、と指摘。「自民党は これまで原発安全神話をつくり、事故への備えを怠り福島事故に対する反省は一切なく、原発推進ともとれるマニフェストを発表した」と批判した。

 そのうえで「多数の原発が集中立地する若狭湾(福井県)に近い滋賀県、琵琶湖をあずかる知事として、国政にメッセージを出さないことは、これまで琵琶湖 を守ってきた先人に対しても、子や孫に対しても申し訳が立たない。国民の信頼を取り戻し、国民が希望を持つことができる、未来への選択肢となる新しい政治 の軸を立てる」と決意を表明し、賛同を呼びかけた。

 びわこ宣言の賛同者には京セラ名誉会長の稲盛和夫氏、音楽家の坂本龍一氏、俳優の菅原文太氏、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏、脳科学者の茂木健一郎氏が名前を連ねた。


★関連記事
朝日新聞
国民の生活が第一、解党へ 日本未来の党に合流決定
2012年11月27日18時17分
http://www.asahi.com/politics/update/1127/TKY201211270668.html
▼全文引用
国民の生活が第一小沢一郎代表)は27日夕、常任幹事会を開き、滋賀県の嘉田由紀子知事が結成する「日本未来の党」に合流する方針を決めた。常任幹事会 後、生活の山岡賢次代表代行が記者団に「一緒にやろうということになった。解党して合流することになる」と明らかにした。

朝日新聞
脱原発」河村・山田両氏、日本未来の党に参加の意向
2012年11月27日17時40分
http://www.asahi.com/politics/update/1127/TKY201211270606.html

★ポイント
「代表代行には脱原発を訴える環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長が就任する。」
これまで、飯田(哲也)氏は、「維新」の顧問についていました。普通に考えると、「維新」を見限ったことになります。これで、「脱原発」VS「原発容認」の対決構図が明確になりました。

「自民・公明・民主・維新」VS「それ以外」です。有権者が、迷ったり悩んだりする必要がなくなりました。原発に反対な人は、どっちに投票するべきか明白になりました。