「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

燃料取り出し完了に10年超 福島第1原発、準備本格化も道遠く<MSN産経ニュース>

MSN産経ニュース
トップ>http://sankei.jp.msn.com/top.htm
燃料取り出し完了に10年超 福島第1原発、準備本格化も道遠く
2012.11.24 21:48 (1/2ページ)[火災・放火・爆発]
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121124/dst12112421500012-n1.htm
▼全文引用

 東京電力は、福島第1原発3号機から使用済み燃料を取り出す準備を本格化し始めた。燃料貯蔵プールに誤って鉄骨を落下させた教訓から、遠隔操作に よるクレーン作業訓練を今月中にも開始。放射性物質の拡散を防ぐため、原子炉建屋に1500トンの鉄骨カバーを設置する計画もある。1〜6の各号機のプー ルに保管されている燃料は5千体以上。全部を取り出すには10年以上かかる長い道のりだ。

 高熱を帯びた使用済み燃料などは、建屋の上部に あるプールに冷却用の水で満たされている。しかし再び震災が起きてプールが損傷する可能性も否定できず、原子力規制委員会の田中俊一委員長は「早く降ろし て、乾式キャスク(金属製の容器)に移すべきだ」と危険性を指摘してきた。

 3号機のプールには事故のがれきが積もり、水素爆発による建屋 の大破で燃料交換機(長さ約10メートル、重さ約30トン)も水没。今年9月には、クレーンでがれき撤去中に鉄骨(長さ約7メートル、重さ約470キロ) を落下させており、規制委は今月20日、「プールの冷却水を喪失した場合を踏まえ、不測の事態に十分備えておくこと」と指示した。

 東電はクレーンの遠隔操作技術の練度を高めるため、3号機の西側に鉄骨を入れたプールの模型をつくり、訓練を重ねる。さらに天井が吹き飛んだ建屋 を覆うカバーを設置。大きさは高さ約54メートル、南北約19メートル、東西約57メートルと巨大で、上部はクレーンを設置できるような円筒形になってい る。

 ただ、水深約12メートルのプール内はがれきの散乱で視界が約2・5メートルしかない。プールに566体ある燃料を損傷させないようにがれきの撤去を優先するため、カバー設置の時期のめどはたっていない。

 東電の工程表では3号機からの燃料取り出しの開始を平成26年度末としているが、燃料交換機をどのように引き上げるかの手順も決まっておらず、計画通りいくかは不透明だ。

 燃料取り出しが一番早く計画されている4号機では、今年7月に未使用の燃料2体を試験的に搬出した。ただ敷地内の共用プールに十分な空き場所が確保できないため、取り出しは来年末からになるという。

 燃料取り出しは廃炉作業の初歩段階だが、3、4号機以外は具体的な取り出し計画が決まっておらず、取り出し後も燃料の移送先やその後の処理などさまざまな課題が山積している。(原子力取材班)




☆関連ブログ関東時事日記
政治・経済・社会・国際問題など時事全般については、こちらのブログに掲載しています。
☆ホームページのご案内
関東・寄せ集め民報(ニュース・記事)
福島第1原発事故と原発問題、チェルノブイリ原発事故関係情報案内所
福島原発事故と放射能環境汚染・食品汚染・健康被害、チェルノブイリ関連情報案内所