「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

セシウム味の「煮込み料理」を、召し上がれ??(放射能食品汚染その11)

★最近、読者に見放されつつあるようです。まア、みんなが放射能に対する知識を持って、私のブログを読む必要がなくなれば、それに越した事は、ありません。去年、一生懸命自分で記事を書いていた頃は、サッパリ読まれませんでした。今年、転載・引用中心にしたら、読者数が半年くらいで急増しました。自分で書いた記事のほうが、中身もあり充実していました。でも、記事と言うのは、1回書いてしまうと読まれた、読まれないに関わらず、また書こうという気持ちには、ならないものです。最近時間が無く、自分で記事を書く機会は、本当に少なくなりました。

★ですから、自分で記事を書くと言う事は、「ここ一番」と言う時です。または時間のある時です。いずれにしても、私が自分で書いた記事は、多分参考になる部分があるとおもいますので(手前味噌)、一応目を通した方がよろしいと思います。

★前回、【「セシウム強化鍋」を、召し上がれ???】と言う記事を書きました。今回の記事も、内容的には、同じです。

★もう一度、放射能を少なくする食材の下ごしらえや調理方法の復習です。これは、必ず覚えて実行してください。これを、するだけで随分違うはずです。
基本中の基本
水で、十分に洗う
皮を剥く
外側の葉などを多めに取り除く
水で煮て、いい加減煮たら、「煮汁を1回捨てる」。そして、清潔な水で仕上げをする。

これは、必ず実行してください。

★さて、「煮込み料理」です。煮込み料理には、【水で煮て、いい加減煮たら、「煮汁を1回捨てる」。そして、清潔な水で仕上げをする。】と言う部分が、なくなってしまいます。これは、「鍋料理」と同じです。タップリ、【放射能の入った「おいしい!煮込み料理」】を、食べる事になります。

★食事からの「内部被曝を減らす」と言う観点から考えると最悪です。どうぞ、この点にご注意いただきたいと思います。これは、日本全国、何処でも同じです。汚染食材は全国的に流通しています。特に、警戒心の薄い地方には、かなり出荷されているのでは、ないか??と推測します。「警戒心の薄い地方の方が、汚染食材を売りやすい」と言う単純な理屈です。「自分のところは、汚染されていないから、大丈夫」などと気楽に考えていると、10年20年後には、内部被曝の蓄積から、健康被害を発症するリスクは、常にあるのです。この事を、忘れないで下さい。

★そして、もう一つ注意点があります。上記調理方法をすると、どうしてもビタミンやミネラルに不足が出てくると思います。そのため、健康補助食品のビタミン剤やマルチ・ミネラル錠などを適宜、食事に取り入れて、補うようにしてください。食事と一緒に採るのがポイントです。空腹時に、ビタミン剤やミネラル錠を服用すると、食事から、ビタミンやミネラルを吸収する体の持つ力が、衰えます。食事の時に一緒に服用する事を、こころがけてください。

★ご参考
セシウム強化?鍋」を、召し上がれ???
2012-11-18 10:39:22
http://ameblo.jp/kitanoyamajirou/entry-11407155145.html