「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

日本原電、規制委に公開質問状 敦賀の活断層で

日本経済新聞
トップ >http://www.nikkei.com/
日本原電、規制委に公開質問状 敦賀の活断層で
2012/12/11 17:23
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD110BP_R11C12A2000000/
▼全文引用

 日本原子力発電は11日、同社の敦賀原発敷地内の活断層問題を巡り、原子力規制委員会に公開質問状を提出した。規制委が10日に、建屋直下 に活断層がある可能性が高いとの判断で一致したことに対して、判断根拠などを求めた。提出後に記者会見した日本原電の増田博副社長は「科学的見地から疑問 に思う点を透明性のある形で提示した」と述べた。

 質問状は浜田康男社長名で、規制委の田中俊一委員長宛て。増田副社長が規制委を訪れ、名雪哲夫審議官に手渡した。日本原電の独自調査を「何ら考慮していない。科学的根拠を含めた説明とはいえない」と強調。追加調査を実施して、改めて規制委の判断を仰ぎたいと主張した。

 増田副社長は会見で、質問内容について「真摯に対応してもらえると思う」と話した。田中委員長が10日に「今のままでは再稼働の安全審査はできない」と述べたことには「個人的な意見だと了解している」との見解を示した。実際に再稼働が難しくなり、廃炉となった場合の経営への影響については、「仮定の議論にはコメントを控える」として明言を避けた。
会員になるとニュースメールを受信できます(無料)。有料プランなら、スマホやタブレットでもご覧になれます(申し込み月無料)。今すぐ申し込むhttp://www.nikkei.com/r123/?n_cid=DSPRM481

★関連記事
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD110BP_R11C12A2000000/
の下に、リンクがあります
敦賀原発「クロ判定」、12日に正式決定も 規制委 (2012/12/11 11:50)
JCR、日本原電を2段階格下げ 見通し「弱含み」 (2012/12/11 16:02)
敦賀「クロ判定」、科学的見解を重視 規制委 (2012/12/11 2:18)
日本原電「受け入れがたい」 敦賀原発の活断層 (2012/12/11 1:20)



☆関連ブログ関東時事日記
政治・経済・社会・国際問題など時事全般については、こちらのブログに掲載しています。
☆ホームページのご案内
関東・寄せ集め民報(ニュース・記事)
福島第1原発事故と原発問題、チェルノブイリ原発事故関係情報案内所
福島原発事故と放射能環境汚染・食品汚染・健康被害、チェルノブイリ関連情報案内所