「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

米国防省がこっそり発表 東京赤坂でも14ミリシーベルトの被ばく{税金と保険の情報サイト}

※「米国防省がこっそり発表」したとの事ですが、我々はその「きれっぱし」を、頼りに情報を得るしかありません。日本のマスコミは、XXX!!!としか、言いようがありません。


税金と保険の情報サイト
トップ>http://www.tax-hoken.com/
米国防省がこっそり発表 東京赤坂でも14ミリシーベルトの被ばく
2012年12月10日 22:00
http://www.tax-hoken.com/news_aqtlsxkpuE.html?right
▼全文引用

福島第一原発事故以降、2カ月間の被ばく量は?
米国防省が9月に発表したデータが、ネット上でジワジワと波紋を広げている。2011年3月から5月までに米軍関係地点で発生した被ばく線量を算定したものだが、東京赤坂の最大値は14.0ミリシーベルトにものぼる。
Location-Based Radiation Dose Estimates
https://registry.csd.disa.mil/registryWeb/Registry/OperationTomodachi/DisplayEstimatedAreaDoses.do;jsessionid=a13932a1a2985e37ec83efaa57cb3b8d66ebe9008da5b13a292a6d5b3a1e1019.e3yLbh8Nch0Ke3iPc3ePbh8Se0


やはり大きかった子どもの甲状腺被ばく
算定を行ったのは米国防省に所属する保健の専門家。米国防省、エネルギー省、日本政府、民間組織などが集めたデータを元に、ICRP(国際放射線防護委員会)の手法を用いて推計値を算出。専門の独立機関NCRP(米国放射線防護審議会)が審査した。

対象となったのは、三沢飛行場航空自衛隊松島基地のある仙台、百里基地横田基地など、米国防省と関連性のある地域。2011年3月12日から、5月11日までの60日間、それぞれの地点で24時間外にいた場合の最大被ばく量が算定された。

報告書によると、特に放射性要素による甲状腺の被ばく量が大きく、赤坂に1歳〜2歳の子どもがいた場合、甲状腺被ばくは14.0ミリシーベルトにものぼるという。大人でも、同地点の被ばく量は5.2ミリシーベルトに達する。

遠く山口県でも見られた被ばく
関東エリアは軒並み高い数字が算定されているが、福島第一原発から遠く離れた山口県岩国基地でも、被ばくがあったとされている。

1歳〜2歳の子どもで0.87ミリシーベルト、大人で0.27ミリシーベルトにのぼるという。
福島には米軍関連施設がないため、被ばく線量の算定は行われていない。

※外部リンク
◆ourplanet-tv
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1475

税金と保険の情報サイトトップ>http://www.tax-hoken.com/




☆関連ブログ関東時事日記
政治・経済・社会・国際問題など時事全般については、こちらのブログに掲載しています。
☆ホームページのご案内
関東・寄せ集め民報(ニュース・記事)
福島第1原発事故と原発問題、チェルノブイリ原発事故関係情報案内所
福島原発事故と放射能環境汚染・食品汚染・健康被害、チェルノブイリ関連情報案内所