「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

斜面 12月14日(葬られかけた「安全神話」がよみがえるとしたら、やりきれない。){信濃毎日新聞}

信濃毎日新聞
トップ >http://www.shinmai.co.jp/
斜面 12月14日(金)
(葬られかけた「安全神話」がよみがえるとしたら、やりきれない。)
http://www.shinmai.co.jp/news/20121214/KT121213ETI090007000.php
▼全文引用

斜面 12月14日(金)

9月19日の原子力規制委員会の発足式。田中俊一委員長は「信頼が完全に失墜した中での発足だ」とあいさつした。事務局の原子力規制庁職員も耳を傾けた。多くが経産省の旧原子力安全・保安院の出身者だ

   ◆

これまで「原子力ムラ」の住人との批判もあった組織である。硬い表情が並ぶ中、20代の若い男性職員が話した。「福島の人たちの顔を思い浮かべながら仕事をしたい」。こんな職員がいるなら、生まれ変われるかも、と期待した

   ◆

早とちりだったらしい。原発の再稼働に向けた手続きの前倒しを規制庁が検討している、というからだ。福島第1の事故を受け、規制委員会は新たな安全基準づくりにかかっている。まとまるのは来夏。それを待たずに、事務方の規制庁が動きだした格好だ

   ◆

新基準には「5年かけてもおかしくない」という委員もいる。航空機の衝突やテロによる過酷事故対策も盛り込む。それほど重いものなのに、規制庁は骨子がまとまれば、既存の原発が適合するかどうか、事前調査に入る構えでいる。審査手続きの効率化を図りたいからだという

   ◆

再稼働に向け「スケジュールありきの印象を受ける」と首をかしげる専門家もいる。次期政権の政策転換を見越したものか、と勘繰りたくなる。再稼働には国民の多くが不信、不安を抱いている。葬られかけた「安全神話」がよみがえるとしたら、やりきれない。
信濃毎日新聞 トップ >http://www.shinmai.co.jp/