「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

岩手県産のマダラから放射性物質が検出――イトーヨーカドーは「問題ない」<週間金曜日ニュース>

週間金曜日ニュース
トップ>http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/
岩手県産のマダラから放射性物質が検出――イトーヨーカドーは「問題ない」
2013 年 5 月 2 日  12:22 PM
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=3218

▼全文転載

 

写真

http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/wp-content/uploads/2013/05/0479af32393962915994501e6ba9fb4c-300x199.jpg

 大手スーパーマーケットで販売されている魚介類からまたしても放射性物質が検出された――。国際環境NGOグリーンピース・ジャパンが実施している魚介類商品の放射性物質検査で判明したもの(三月二九日発表)。

 今回で一二回目となる検査はボランティアが大手スーパーマーケット五社の店舗で購入した魚介類商品を、第三者機関でゲルマニウム半導体検出器を用 いて測定したもの。今回、放射能汚染が確認されたのはイトーヨーカドー刈谷店(愛知県)で購入した岩手県産のマダラ(一キログラム当たり二・六ベクレル) だ。

 グリーンピースがこの調査結果をイトーヨーカドーに伝え、消費者が選択して購入できるよう商品情報の開示を求めたところ、同社お客様相談室の担当者は「国の基準値以下で、問題はない」とし、同社内における食品検査の詳細については「伝えられない」と続けた。

 イトーヨーカドーは、グリーンピースが二月に発表した「お魚スーパーマーケットランキング2」で、対象企業中唯一、魚介類商品の安全性や持続性の 確保について詳細情報を開示せず、対象五社の中で最下位にランクされている。グリーンピースの海洋生態系担当・田中真帆さんは「今回の放射能調査結果への 対応で改めて、同社は消費者への積極的な商品情報開示の姿勢がなく、安全性確保への意識が弱いことが浮き彫りとなった」と話している。

 グリーンピースでは消費者や生産者にとってよりよい流通のあり方に変えることを目指し、スーパーマーケット各社に対し対応の改善を働きかけてい る。あわせて、多くの消費者が「何を求めているか」を伝えるため、オンライン署名(URL http://www.greenpeace.org/japan/ja/Action/susea2/)も展開している。

(花岡和佳男・グリーンピース・ジャパン 海洋生態系問題担当、4月12日号)

 

週間金曜日ニュース
トップ>http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/