「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

原発が第二の人生奪った 田畑汚染、故郷で農業断念<中日新聞 CHUNICHI WEB>

中日新聞 CHUNICHI WEB
トップ >http://www.chunichi.co.jp/
原発が第二の人生奪った 田畑汚染、故郷で農業断念
2013年2月20日
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20130220/CK2013022002000092.html?ref=rank
▼全文転載

◆宮城県南部出身の68歳男性が浜松で路上生活

原発事故で故郷に帰れなくなった男性。JR浜松駅周辺で暮らして1年半になるが、先は見えない=浜松市中区
写真http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20130220/images/PK2013022002100025_size0.jpg

 事業に失敗し、二〇一一年秋からJR浜松駅周辺で路上生活を送る男性(68)がいる。福島県境に位置する宮城県南部の出身。親から継いだ田畑で米 や果物を育て第二の人生にかけるつもりだったが、福島第一原発がまき散らした放射性物質のせいでかなわなくなった。「あの原発を許せない」。二年目の3・ 11を前に怒りは増すばかりだ。

 男性は中学を出ると配管業を営む叔父を頼り、中部地方に働きに出た。高度成長に重なり、三重県四日市市の石油コンビナートや中部電力の火力発電 と、大きな仕事が転がり込んだ。二十四歳で独立。同郷の妻との間に二人の娘にも恵まれた。四十歳を過ぎたころバブルがはじけ、年三千万円超あった売り上げ が激減。巨額の借金が残った。一家で宮城県のふるさとに戻ったが借金が原因で離婚し、二人の娘も妻についていった。

 再び中部地方に出て、光ケーブルの敷設を手掛ける仕事に就いた。日当一万円ほどの不安定な仕事を二十年続けた。「年が年だけに、そんな仕事しかなかった」と男性。

 三年前、実家を一人守っていた母が逝った。千坪の田畑と、男性がかつて父母、妻子と暮らした平屋の家が残った。借金はまだあったものの「一人だから作物を売れば何とかなる。いざとなれば田畑を売ろう」と帰郷を決め、仕事も辞めた。
写真http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20130220/images/PK2013022002100026_size0.jpg

 東日本大震災の発生はその直後だった。内陸に住む元妻や子の無事は確認できた。それに続く原発事故が、描いた余生を奪った。事故の二カ月後、帰郷したが「線量が高すぎた」。男性はわずかの所持金を持ち、昔、仕事で訪れた静岡県に来た。

 仕事を求め浜松から沼津まで行き来した。ある晩、浜松の地下道で路上生活の男性に呼び止められた。「寝るとこないんか」。教会が食事を出してくれるし、炊き出しもある。日用品もボランティアの若者がくれる。やがて路上生活を決めた。

 故郷に戻ったら栽培しようと考えていたのが、かつて仕事で訪れた愛知県豊橋市や静岡県で目にした温室メロン。話をすると路上生活仲間は「いつまでも、こんなことやってるな。帰って田畑をやれ」と諭してくれる。

 だが、そんな夢はついえた。「作ったって売れない。チェルノブイリ事故が起きた旧ソビエトだって、長くだめじゃないか」

 それでも男性は父親として「死ぬ前に、田畑の名義を娘に変えてやりたい」と願う。近く伝えるつもりだ。「作物も作れず、売れもしない土地なんて迷 惑かもしれない。娘がいらないと言ったら、放棄して生活保護を受けます」。男性が路上生活を続けてきたのも田畑を放棄しない限り、生活保護は受けられない からだ。

 男性は、最後に声を絞り出した。「あの原発だけは本当に頭に来る。たまに思う。誰も心配する人がいない俺が、東電の前で灯油かぶってやろうかって」

勝間田秀樹)

 ■宮城県南部の原発被害■ 福島第一原発から80キロ圏内の宮城県南部では丸森町白石市の一部で毎時0・5〜1・0マイクロシーベルト (2012年6月28日時点)と比較的高い空間線量が測定された。現在も白石市や山元町、丸森町の各役場前で同0・1マイクロシーベルト前後。山元町で昨 秋、野生のキノコから、丸森町では昨春、一部のタケノコから、基準値を上回る放射性物質が検出された。東京電力は福島県外では初めて、丸森町の成人住民に も1人4万円の賠償を決めた。

中日新聞 CHUNICHI WEB トップ >http://www.chunichi.co.jp/