「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

震災がれきで護岸工事 宮城・石巻<NHK NEWS WEB>

NHK NEWS WEB
トップページ>http://www3.nhk.or.jp/news/
震災がれきで護岸工事 宮城・石巻
2013年(平成25年)2月20日 11時58分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130220/k10015643491000.html
▼全文転載(動画あり)

震災で出たがれきの処理を加速させようと、宮城県は、がれきを建設資材として再生し、港の護岸の埋め立て工事に活用する取り組みを20日から宮城県石巻市で始めました。

20日は、石巻港の岸壁に宮城県や石巻市など関係者およそ40人が集まり、工事の安全を祈願しました。
このあと1台目のダンプカーががれきの焼却灰を固めて作った建設資材を海中に設けた枠の中に流し込んでいました。
建設資材として護岸整備に活用するのは宮城県内では石巻港が初めてです。
震 災で石巻市と東松島市、それに女川町で発生したがれきのうち、314万トンは宮城県が処理することになっていますが、これまでに処理できたのは去年12月 末の時点でおよそ3割にとどまっていて宮城県は建設資材として活用することによってがれき処理のスピードアップを目指しています。
この工事はことし12月まで行われ、合わせて105万トンの資材が使われるということです。
宮城県は「がれきの再生利用を行う公共工事としては、過去最大の規模になるため、がれき処理が加速する」と話しています。

NHK NEWS WEB トップページ>http://www3.nhk.or.jp/news/



☆ホームページのご案内
福島第1原発事故と原発問題、チェルノブイリ原発事故関係情報案内所
福島原発事故と放射能環境汚染・食品汚染・健康被害、チェルノブイリ関連情報案内所