「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

福島の子どもに高血圧症 中1年生で9倍に増加!<税金と保険の情報サイト>

税金と保険の情報サイト
トップ>http://www.tax-hoken.com/
福島の子どもに高血圧症 中1年生で9倍に増加!
 2013年2月24日 18:00
http://www.tax-hoken.com/news_ax1SDo8Xes.html?right
▼全文転載

140mmHg超が前年の9倍に
福島県が行った県民健康管理調査で、子どもの高血圧症が増加していることが判明した。2011年には中学1年生で、最高血圧が140mmHgを超える子どもが、前年に比べ9倍に増えていた。
図URL
http://www.tax-hoken.com/files/949/0a7074e742393bd245e2a1f7a64d842c.jpg


小児生活習慣病予防検診を比較
福島県では、福島第一原発事故の影響を監視するため、県民に対する健康管理調査が実施されている。13日に開かれた第10回「県民健康管理調査」検討委員会では、「平成23・24年度県民健康管理調査「健康診査」の実施状況について」とする資料が配布された。

同資料には、子どもの健康状態を過去と比較するデータも記載されている。「過去に行われた小児生活習慣病予防検診との比較」とする項目では、小学4年生と中学1年生について、2008年〜2011年までのデータが並べられた。

それによると、収縮期血圧最高血圧)で140mmHgを超える中学生1年生は、2010年には0.1%だったが、2011年には0.9%と9倍に増加していることが分かった。

拡張期血圧(最低血圧)では、90mmHg以上の小学4年生は2010年までは見つかっていなかったが、2011年には1.3%も現れていた。

セシウムで心筋、血管にダメージ
チェルノブイリ事故では、セシウムにより心臓の筋肉や血管に対するダメージが観察された。ウクライナでは5000ベクレル〜15000ベクレル/㎡の汚染地域に住む子どものうち、55.2%に早期のアテローム性動脈硬化症状がみられている。

この症状は血管に粥(かゆ)状の老廃物がたまって、血流が悪くなるもの。通常は中高年以上の成人が発症し、高血圧の原因にもなる。

摂取したセシウム137の総量と血圧が相関関係にある、とする報告もあり、現在も放射性物質の放出が続く中、高線量地域に住む子どもたちの健康が心配される。

外部リンク
◆平成23・24年度県民健康管理調査
「健康診査」の実施状況について
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/

税金と保険の情報サイト トップ>http://www.tax-hoken.com/



☆ホームページのご案内
福島第1原発事故と原発問題、チェルノブイリ原発事故関係情報案内所
福島原発事故と放射能環境汚染・食品汚染・健康被害、チェルノブイリ関連情報案内所