「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

地震を予知する「小動物」の異常行動ランキング 前日に仲間同士で殺し合う!?[アメーバニュース]

地震を予知する「小動物」の異常行動ランキング 前日に仲間同士で殺し合う!?
 スピ・超常現象研究家の百瀬直也が、長年スピ世界を探求し、また地震の前兆現象も研究した成果を基に、大..........≪続きを読む≫
[アメーバニュース]

(全文転載)

2月27日12時30分

提供:ハピズム
http://news.ameba.jp/20130227-523/

スピ・超常現象研究家の百瀬直也が、長年スピ世界を探求し、また地震の前兆現象も研究した成果を基に、大地震の前兆として頻繁に見られる動物の異常行動を紹介します。

 今回は、ペット編の2回目として、「ハムスター」「リス」「ウサギ」を取り上げます。いずれも普段は大人しそうな動物ですが、これが地震の前には豹変し、かなり異常な行動を示すこともあります。

■ハムスターの異常行動ランキング

  まずハムスターの事例。福島県在住の人のブログによると、2005年2月2日にジャンガリアンハムスターの様子が変で、ヒマワリの種を与えると、一目散に 巣箱へ逃げ帰っていたそうだ。同日のハムスターの掲示板を見ると、今日は落ち着きないとか、エサを溜め始めたとか、関東圏のハムスターたちの様子が、普段 とは違う。そして翌2月3日、茨城県沖M5.9など、宮城県沖や茨城県沖で中規模地震が連発したそうです。

 また、1995年1月の阪神・淡路大震災(M7.3)の前の宏観現象報告をまとめた『前兆証言1519!』(東京出版)でも、いくつか見逃せない報告があります。

  兵庫県尼崎市で、「大震災の3日前に、飼っていたハムスターが、落ち着かずにカゴの金網によじ登ってガリガリ掻きむしり、ストレスのせいか、翌日に死んで いた」「神戸市では6匹を飼っていたが、1週間前からオスが暴れだし、翌日に1匹が噛み付かれて血だらけで死んでいた」「地震の1週間ほど前からエサを食 べなくなり、地震の前後に死んでしまった……」など。

 これらの情報をふまえたうえで、ハムスターの異常行動ランキングをまとめると、以下のようになります。

・3位……餌を食べずに貯めて巣にこもる
・2位……奇声を発して暴れたり、回し車上の運動量が増える
・1位……仲間同士で殺し合う、またはストレスで死ぬ

■リスの異常行動ランキング

  次はリスの例。あるブログでは、2008年6月14日の朝、飼っていたシマリスが「チチッ、チチッ」と鳴いていたので、「また地震があるのかな?」と思っ ていたところへ、9:01に岩手県内陸南部でM7.0最大震度6強の地震。普段から滅多に鳴くことはないが、鳴いた時には必ず地震があったそうです。リス は普段は滅多に鳴かないが、何かに警戒している時だけ鳴くことが多いようです。

 2004年10月23日17:56に発生した新潟県中越 地震(M6.8)の数日前には、シマリスがしきりにまばたきをして、姿勢を低くして宙の一点を凝視していた。非常に地味な異常行動ですが、池谷元伺大阪大 名誉教授によると、ネコが洗顔行動をする時はパルス電磁波により目に電流が流れるのだそうで、それと同様の現象の可能性があります。

『前 兆証言1519!』の報告では、「神戸市で地震の3日前に、オスとメスのリスの1匹が血まみれになって死んでいた」そう。もう1匹もその後に死んだそう で、殺し合ったのだろうと推測ができます。同じ神戸市では、地震の1ヶ月ほど前から餌を異常に食べるようになり、お腹が膨れていたが、地震の2日後に死ん でしまった、との報告も。

 リスの異常行動ランキングは、以下のようになります。

・3位……しきりにまばたきをする
・2位……普段は鳴かないのに、チッチッチと鳴く
・1位……仲間を攻撃し殺し合う

■ウサギの異常行動ランキング

  ウサギの場合は、地震前にじっとして動かなくなるケースと、逆にケージの中で激しく暴れるケースがあるようです。「前兆証言1519!」では、地震の前日 から数時間前に、金網をかじったり、落ち着かなかったという報告が目立ちます。神戸市のある家では、庭に放し飼いにしていた2匹のウサギのうち、1匹がも う1匹をジャンプして攻撃し、血だらけになって死んでしまった。

 2008年のテレビ朝日「ワイド! スクランブル」で放映されたウサギ の危険察知能力の特集でも、興味深い例があります。横浜市のウサギ専門店のオーナーの談話によると、彼女が飼っていたウサギが、2005年7月に関東で震 度5強の地震が発生する直前に、オウムのような声で鳴いたそうです。ウサギには声帯がなく、何か絶体絶命のことが起きない限り鳴かないようです。2008 年7月24日の岩手巻沿岸北部地震(M6.8)の前日朝には、ウサギの飼い主から問い合わせの電話が殺到した。昨日まで元気だったのが元気がなくなったと か、餌を食べなくなったとか。そこで、「もしや地震があるのでは?」と思ったそうです。

 ウサギの異常行動ランキングをまとめると、以下のようになります。

・4位…大人しくなって、ケージの片隅でじっとしている
・3位…小屋の中を走り回ったり、金網をかじったりして暴れる
・2位…普段鳴かないのに、鳴く
・1位…仲間を攻撃し殺し合う

 普段おとなしいペットが仲間同士で殺し合いをしたりするのは、尋常でないパニック状態に陥っていて、かなり危険なサインなので、このようなペットを飼っている方は、記憶にとどめておいてください。

■百瀬直也(ももせなおや)
  東京出身。スピ・超常現象研究家。10代の頃にスピ世界に目覚め、内外の聖地巡礼を続ける。神仏、聖者、シャーマニズム、イスラエル10支族 などの古代史、地震予知、西洋・インド占星学なども研究。スピリチュアルダウジングや占星術などによる男女の相性判定を得意とする。著書は「ヴィア・ドロ ローサ〜イエスが歩いた悲しみの道」「大地震の前兆集〜生き残るための必須知識」シリーズ (Amazon Kindle本)など。
・ブログ「探求三昧」

http://news.ameba.jp/20130227-523/
地震を知らせる「イヌとネコ」の異常行動ランキング 来るべき大地震は2月か3月か!? 
2月か3月に日本海側で大地震の恐れ!? ニュースでチェックしておきたい魚の異変


★動物の大災害前の異常行動は、まだ解明されていない部分が多いと思います。スマトラ大地震の時に起きた大津波の来る前に、ゾウたちが内陸に向かって逃げたのは、有名な話です。
象のインターネット
http://www.starman.biz/kazuosasaki_blog/nature/communication/pg279.html