「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

電気料金値上げ審査 経産省、圧縮に本腰 顧問報酬 燃料費<MSN産経ニュース>

MSN産経ニュース
トップ>http://sankei.jp.msn.com/top.htm
電気料金値上げ審査 経産省、圧縮に本腰 顧問報酬 燃料費
2013.2.20 21:01
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130220/fnc13022021030017-n1.htm
▼全文転載

 電力会社による電気料金の値上げ申請が相次ぐ中、経済産業省が発電コスト算定の見直しに乗り出した。月内の方針とりまとめを目指す関西電力と九州 電力の審査では、人件費や燃料費などの経費を厳しく見積もることで、値上げ幅を圧縮する方向だ。値上げによる負担増で消費が減退し、安倍晋三政権が最重要 課題に掲げる経済再生の足を引っ張る懸念があり、コスト削減により負担軽減を狙う。

 20日開かれた両社の値上げを審査する経産省の専門委員会で、委員からは「燃料費が下がるような努力をしてほしい」などコスト圧縮の必要性が指摘された。

  経産省は専門委のとりまとめを受けて3月に値上げを認可する予定だが、「両電力ともコスト削減余地がある」(経産省幹部)とみる。電気料金は電力会社の燃 料費や人件費などのコストに利益を上乗せする「総括原価方式」で決まるため、人件費を圧縮して消費者の理解を得たい考えだ。

 やり玉に挙 がったのは、社長や会長などを経験した役員OBらに支払う顧問報酬だ。関西電力は顧問14人に対して年約1億4千万円、九州電力も顧問・相談役3人に対し て8900万円をそれぞれ払っている。経営難を背景にした値上げにもかかわらず、人件費に顧問報酬が含まれていることには批判が強い。

 専門委でのやり取りを先取りしたのか、四国電力が20日、経産省に申請した平均10.94%の値上げでは、顧問報酬をコストに織り込まなかった。

 また、経産省は燃料費を抑える仕組みを導入する検討を始めた。米国で開発が進む新型天然ガス「シェールガス」の輸入で、将来的に値下がりが見込まれる天然ガスの調達価格を先取りして燃料費を算出する案が浮上している。

  ただ、シェールガスの輸入が正式決定しておらず、電力業界などは経産省の議論を注視する。電力中央研究所が都市ガスや商社など14社のLNG取引担当者に 聞き取り調査したところ、米国でのシェールガス開発コスト上昇や、北米の好調な内需などから、調達価格の大幅な削減は難しいとの意見が大勢を占めたとい う。

関連ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130220/fnc13022021030017-n1.htm
圧縮効果で米ガス導入議論 関電、九電値上げ審査
人件費や修繕費を議論 専門委が関電、九電の値上げ審査で
関電・九電、社宅売却など資産圧縮へ 経産省の値上げ審査
関電、九電の値上げ審査始まる 経産省の専門委
四国電力が値上げ申請

MSN産経ニュース トップ>http://sankei.jp.msn.com/top.htm




☆ホームページのご案内
福島第1原発事故と原発問題、チェルノブイリ原発事故関係情報案内所
福島原発事故と放射能環境汚染・食品汚染・健康被害、チェルノブイリ関連情報案内所