「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

アルツハイマー抑制タンパク質 滋賀医科大チーム発見<京都新聞 2014年06月>

京都新聞
トップ>http://www.kyoto-np.co.jp/
アルツハイマー抑制タンパク質 滋賀医科大チーム発見
2014年06月04日 22時40分
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20140604000153

▼全文転載

 

 脳内のタンパク質「ILEI(アイレイ)」がアルツハイマー病の原因物質の生成を妨げ、発症を抑制する効果があることを滋賀医科大分子神経科学研 究センターの西村正樹准教授らの研究グループが発見し、4日、英科学誌「ネイチャーコミュニケーションズ」の電子版に発表した。副作用リスクの少ない治療 薬の開発が期待できるという。

■副作用を回避 治療薬に期待

 アルツハイマー病は、特定の酵素の働きで生まれたアミロイド ベータ(Aβ)と呼ばれるタンパク質の断片が脳内に蓄積して発症するとされる。この酵素の働きを抑え込む従来の薬剤開発では、別のタンパク質の分解まで阻 んでしまい、皮膚がんや認知機能の低下など副作用が課題だった。

 同グループは、アルツハイマー病の患者の脳では正常な脳よりILEIが減っている点に着目。培養細胞でILEIを増やすと、分泌されるAβが約30%減ることが判明した。別のタンパク質の分解は正常に進み、副作用の危険性が抑えられた。

 実験では、アルツハイマーを発症するように遺伝子操作したマウスでILEIを生成すると、記憶障害を起こさずに健康なマウスと同等の成績を残した。

 西村准教授は「治療に向けた一つの方向性が示せた。副作用がない治療薬の開発につながってほしい」と話した。

京都新聞

京都新聞社のデジタルサービス

京都新聞携帯サイト・スマートフォン版
京都新聞データベース+日経テレコン


京都新聞社案内
京都新聞社内見学
個別紙面販売

 

 

ブログ目次
☆ホームページのご案内
福島第1原発事故と原発問題、チェルノブイリ原発事故関係情報案内所
福島原発事故と放射能環境汚染・食品汚染・健康被害、チェルノブイリ関連情報案内所