「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

ブラジル大会・準決勝の行方は?(ドイツ・ブラジル・アルゼンチン・オランダ?or?)

まだ、半分しか終わっていないので、残りは推定です。

その後、アルゼンチンの準決勝進出が決定しました。

 

まず、ドイツ

今回は、一見クールビズ・サッカーです。

ブラジルの暑さと湿度を巧妙に回避しています。

バックラインに、センターバック4人?

ここら辺に、ワナがあるような気がします。

サイドバックが出来る選手もいるでしょう?

 

ドイツのお家芸

サイド突破から、中央にクロス!

そして、FWがシュート!!

 

これまだ見ていません。

バックラインにセンターバックを4人入れて、「それはやりません」と言っているように見えます。

 

しかし、クローゼ選手を決勝トーナメント2回戦で先発させてきました。

ブラジル戦は、クローゼ選手は先発しないでしょう。多分、試合後半ドイツがサイド攻撃をやる時に、クローゼ選手が途中出場のような気がします。

 

これまで、クローゼ選手を温存してきたのは、何故か?

準決勝と決勝で、ドイツのお家芸をやるときの切り札として遣うためではないのか、と思います。

 

今回のドイツチームは、変化する(相手の予想を裏切る)のが特徴です。「クールビズ・サッカーを全部やる」とドイツの監督が言っているわけでは、ありません。

 

新しい諺が出来るかもしれません??

「ドイツ、豹変す???」

(君子、豹変す)

何しろ??メルケル首相が決勝戦で応援に来るそうですから???

結果は、どうあれ?

準決勝で「ゲルマン魂」を発揮するのは、「お約束済み」です??

 

 

ブラジル

ネイマール選手と地元開催の意地で、勝ち上がってきました。

ネイマール選手は、負傷して準決勝は無理なようです。

ドイツと、どう戦うのか???

ブラジルの最終兵器=意地???

 

意地で、サッカーが勝てるのか??

ブラジルの場合は、勝つことも可能です。

たいていの場合、ブラジルは「攻撃の特別のタレント」がいない場合は

途中で、「かったるいから?や~~めた??」こんな感じで負けます。

 

今回は、地元大会です。

奥さんも?

恋人も??

家族も??

見ています。応援しています。

国中の応援があります。

「お得意」の??

「かったるいから?や~~めた??」

は、出来ないでしょう??

 

 

アルゼンチン

日替わりヒーロー状態になってきました。

決勝トーナメント1回戦が、アンヘル・ディマリア選手。

順々決勝が、イグアイン選手。南アフリカ大会でも活躍した選手です。

今回、究極の「省エネサッカー」を実施中です。

単に弱いだけなのか??

それとも?静かに勝っているのか??

未だに不明です。

何やら危なっかしく準決勝まで勝ちあがってきました。

 

※アルゼンチンには、メッシがいます。

「ペナルテイエリア付近でボールを持ち、ボール1個半(1個と言う人もいます)のコースがあれば、正確なシュートを撃つことが出来る」と言う特別性の選手です。これは、相手チームにとっては怖いでしょうネ?野球の4番バッターと同じです。ペナルテイエリア付近にいるだけで、相手チームに恐怖を与える選手です。

 

 

オランダ

ホットに勝つ!

しかし、形を捨てて力任せで優勝できるのか??

メキシコ戦を見て疑問に思いました。

コスタリカとの一戦は、延長後半に入り「0-0」のままです。

このままでは、例のPK戦もあるかもしれませんネ??

試合結果

0-0 試合終了(PK 4-3) オランダ勝利

 

コスタリカは、大健闘だと思います。

オランダは、ブラジルと同じで「肝を冷やした」でしょうネ?

しかし?これでオランダの監督は冷静になるでしょう。

「ホットに戦う」だけでは、どこかで負けると思います。

今回、クールビズが流行です。

 

オランダ VS アルゼンチン

 

どちらが?勝つのでしょうネ???

アルゼンチンは、上向きのように思います。

理由は、日替わりランチ?違った、日替わりヒーローです。

準々決勝で、流れの中から得点を挙げ勝利したのは4試合終わって見ると??

アルゼンチンだけでした。これは、特筆!ものですネ??

 

 

コスタリカ

中南米カリブ海地域のチームでは、一番組み合わせに恵まれたのかもしれません。チリとコロンビアは、ブラジルとの対戦でした。

今回、優勝候補のオランダと対戦中です。

健闘及ばず、オランダ戦は「0-0」(PK 4-3) で決勝トーナメント2回戦敗退。