「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

ワールドカップ・ブラジル大会>決勝戦「ドイツVSアルゼンチン」 1-0 ドイツ優勝

※決勝戦も終わり、ドイツが優勝しました。

まずは、おめでとうございます。

ロイター

W杯=ドイツ4回目の優勝、延長後半にゲッツェが決勝ゴール
2014年 7月 14日, 7:30 JST

フォトギャラリー一覧
http://brazil-soccer.jp.reuters.com/pictures/1/RTR3YETH#.U8OnBLG4HBZ

 

アルゼンチンにも、チャンスはありました。

でも?決められませんでした。

残念だったと思います。

順当な、ドイツ勝利とも思えます。

ポルトガル、フランス、ブラジル、アルゼンチンと今大会の強いところ、全部に勝ちましたので誰もが、納得すると思います。

 

結局、攻撃に見るべきものがあったチームは、全部敗退しました。

守備力の強い、ドイツとアルゼンチンが決勝を争ったのは、ワールドカップの当然の帰結です。守備力は、ほぼ互角。攻撃力においてドイツが勝っていたと言う事でしょう。ワールドカップ(本大会)に参加するなら??何が?まず、必要か???

 

日本サッカー協会は、よくよく考えるべきでしょう。

日本代表チームは、1大会ごとに予選リーグ敗退とベスト16を繰り返しています。

5大会も経験したら、最低条件として何が必要か??

知るべきだと思います。

「強力な守備力=Aクラスのチームの攻撃を完封できる」

これが、最低不可欠の条件です。

 

アルゼンチンは、結局準決勝、決勝2試合で「0点」です。

ドイツは、決勝戦は、延長戦でやっともぎ取った1点が決勝点となりました。

この結果を見て、何かを学ばなければ??

「愚か者!」だと、思います。