「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

2014年7月20日(日)曇り>今日は、ブログ日和???深層の記憶の不思議(岸洋子 希望)

今日は、ブログ日和???

つまり?私は、暇だと言うことですネ?

 

今日は、びっちり記事をアップしようと思います。

暇な時は、あっても最近ばてている事が多いのです。

今日は、深層の深い位置にある記憶について考えて見ます。

 

 

深層の記憶の不思議

深層心理

http://www6.ocn.ne.jp/~syuneido/sinri.htm

無意識 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%84%8F%E8%AD%98

 

※やや専門的になると、「心理」とか「意識」と言う言葉を使うようです。

しかし、私は「記憶」と言う言葉を使う方が素人的に分かりやすいと思います。

 

人間の記憶は、「一定の平面的面積(人間の脳の中の)のスペース」に引き出しが沢山あり、人によって良く整理されていたり、乱雑であったり、引き出しの多い少ないにも個人差があると思います。

 

この「一定の平面的面積(人間の脳の中の)のスペース」が何層にも重なって出来ていると推測します。

 

使用頻度に応じて、記憶は表面(第1層)か浅い層にあります。

使用頻度が少ない記憶は、段々深いほうに下がっていきます。

「赤ちゃん」のときの記憶は、多分一番深いところにあるのでしょうネ?

もっと深い記憶もあります。赤ちゃんがお母さんのおなかの中で脳が成長して外界を(音として)認識できるようになると、この記憶もあるでしょう。

「胎教」という教育方法があります。

多分、生れてくる1ヶ月くらい前であれば、家族や親しい知人の声も聞き分けているのではないかと思います。

と言うことは??

もう、この段階で記憶が形成されていることになります。

 

今回、取り上げる深層の記憶はそんなに奥深い場所にある記憶ではありません。

パソコンで言うなら、リンク切れになってそれほど劣化していない記憶のことです。

 

ある出来事がありました。

それ以前も、深層の記憶について「多分、そのようなものがあるのだろう」とは、思っていました。でも、明確に深層の記憶を意識することは、ありませんでした。

ある出来事とは?

40代の前半にある女性歌手の「CD集」を買い、歌を沢山聴きました。

その中に、「希望」と言うタイトルの歌がありました。

「CD集」を買うくらいですから、当然その歌手は歌が上手く声もきれいです。

 

ところが?「希望」を聴くと不満足感が残るのです。

どうして?

歌は上手いし、声はきれいで自分の好みです。

何が気に入らないんだ??

その時は、理由が分かりませんでした。

 

理由が分かったのは、10年以上時が経過してからでした。

YouTubeで、「岸洋子」さんの「希望」を聴きました。

 

「そうだよ!これを聴きたかったんだよ!!」

その瞬間、10数年前の「不満足感」の理由が分かりました。

某女性歌手の歌う「希望」も良い歌です。

しかし、私の深層の記憶にある「希望」とは、異なっています。

「不満足感」の理由は、自分の深層の記憶が

「それ!違うよ!!ここに、それがあるよ!!!」と主張していたのですネ?

 

歌の場合は、大体イメージとして記憶されているのですネ?

「歌詞とメロデイの一部

歌手の声と歌い方」

これを、1セットでイメージ化して記憶しているようです。

活字情報は、大体そのまま記憶しています。

動画や写真もイメージとして記憶しています。

ですから、イメージと実際の写真や動画が少し違うことが、よくあります。

「深層の記憶」は圧縮された断片またはイメージとして記憶されているようです。

実際には、「圧縮された断片またはイメージ」は目次でもっと深いそうに詳しい記憶があるのかもしれません。

 

この事により、私は「深層の記憶」を大雑把に理解しました。

「自分の記憶には、既に表面の思い出せる記憶の層から消えてしまった膨大な記憶がある。しかし、普通の状態では、それを思い出すことが出来ない。必要に応じて、あるいは何らかの外部からの刺激により蘇る。」

 

何らかの問題が生じたり、対応しなければならない課題(仕事など)が人間には、時々生じます。「う~~ん?どうしようかな??」と考えても、簡単に解決できないケースは、結構あります。時間的余裕がある場合は、解決を先延ばしします。

 

そして、ある日

「そうだ!こうすればいいんだ!!」

と思いつきます。

これは、深層の記憶の引き出しの中に似たようなケースやほぼ同じケースがある場合です。

ですから、色々なことを沢山記憶しておくのは、後で役に立つ場合が結構あります。これは、私の実体験です。

読書、新聞、テレビ、人から聞いた話、自分の過去の体験など深層の記憶の内容は、私の場合は多岐に渡ります。この中で「人から聞いた話」は、非常に大切です。つまらない「噂話」では多分役に立たないでしょう。「耳学問」と言われるのは、役に立つと思います。

 

色々なことに興味を持ち、良質な情報を記憶するのです。そして忘れてしまうのです。忘れても?深層の記憶の保管されます。

 

そして??

人生が、だいぶ経過して、あなたが困ったとき??

あなた自身の「深層の記憶」が、あなたを助けてくれる場合もあります。

 

岸洋子 (歌曲) 希望」

お聞きになりたい場合は

YouTube

岸洋子  希望

を、検索して見てください。