「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

仮設焼却施設が着工 南相馬、避難区域内のがれき処理<福島民報2014-07>

福島民報
トップ>http://www.minpo.jp/

仮設焼却施設が着工 南相馬、避難区域内のがれき処理
2014/07/16 09:04
http://www.minpo.jp/news/detail/2014071616903
▼全文転載

 東京電力福島第一原発事故による南相馬市の避難区域内の震災がれきを処理する仮設焼却施設の建設工事は15日、同市小高区の現地で始まった。当初、5月 の開始予定だったが、周辺住民の合意形成に時間を要し約2カ月遅れて着工した。来年2月の完成、5月の本格稼働を目指す。
 環境省によると、施設は24時間稼働し、1日約200トンのがれきを処理する。同市の避難区域には約10万トンのがれきがあり、平成29年3月までに処理を終える予定。
 除染廃棄物は扱わず、津波地震で発生したがれきだけを処理する。放射性物質が飛散しないように、排ガス出口にフィルターを2機設置する。モニタリングポストを設け、同省のホームページで結果を常時公開する。
 焼却によって出た灰はセメントと混ぜて固形化し、施設内で約1カ月間保管する。保管期間終了後については、中間貯蔵施設への搬入を視野に入れているという。

福島民報

福島民報って? | 購読のご案内 | 福島民報

「福島第一原発事故」アーカイブ | 東日本大震災 | 福島民報