「北の山じろう」日記&2018年は「大谷翔平くん」の応援!

☆大谷翔平 ☆メジャーリーグベースボール ☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

「大谷翔平くん」の良かった部分

やはり、調子がよくなかったので「打たせて取る」ピッチングをしていました。

大谷、メジャー最長7回2/3を2失点で4勝/詳細
[2018年5月21日10時11分]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805210000031.html

記事から引用>

1回

1スパン フルカウントから158キロ外角直球で左飛

2クローン 2-2から134キロのスライダーで空振り三振

3ウェンドル フルカウントからスプリットをたたきつけ四球

4ラモス 2-0から155キロ直球で右飛

投球数は20

2回

5ミラー 0-1から2球目カーブで一ゴロ

6ダフィー 2-0から3球目の151キロ打たれ右中間二塁打

7スミス 0-2から142キロのスプリットで空振り三振、2個目

8ロバートソン 2-2から141キロのスプリットで空振り三振、3個目

投球数は33(2回は13球)

3回

9フィールド 初球151キロの内角低め直球打たれ先制の中越えソロ被弾

1スパン 2-2から138キロのスプリットで空振り三振、4個目

2クローン 3-1から155キロ直球で右飛

3ウェンドル 2-0から155キロ直球で二ゴロ

投球数は47(3回は、14球)

4回

4ラモス 2-1から156キロ直球で三ゴロ

5ミラー 2-2から139キロのスプリットで空振り三振、5個目

6ダフィー フルカウントから158キロ外角直球で空振り三振、6個目。右手でグラブをパン、パン、パン、パンと4度たたき納得の表情

投球数は62(4回は、15球)

5回

4回裏に2-1と逆転

7スミス 0-2から145キロのスプリットで空振り三振、7個目。これで今季50個目

8ロバートソン 2-2から159キロ直球で三ゴロ

9フィールド 2-0から158キロ直球で右飛

投球数は73(5回は11球)

6回

5回裏に1点追加

1スパン 遊ゴロ

2クローン スライダーで遊ゴロ

3ウェンドル 144キロスプリットで空振り三振、8個目

投球数は84(6回は、11球)

7回

4ラモス スプリットを左前安打

5ミラー カーブで中飛

6ダフィー スライダーを中安。1死一、二塁

投球数は99(7回は、15球)

8回

9フィールド エンタイトルツーベース。1番打者の暴投で無死三塁

1スパン 遊ゴロで1失点。2-4

2クローン スライダーで空振り三振、9個目

3ウェンドル 右前安打。大谷は投球数110球となったところで降板した

7スミス 大きな当たりの左飛

8ロバートソン 大きな当たりの中飛

投球数は110で降板。

 

☆四球を出した1回以外は、投球数が少ないです。

これが大きな進歩。ただし、9回を完投しようと思うなら?

投球数100球から逆算すると、1回当たり投げられる球数は?

「11球」

1回当たり「11球」以上投げては、ならないことになります。

チームの絶対エースの条件は、1イニングを「11球」以内で抑えなければばなりません。

3球3空振りでも、クリアできます。

打たせてアウトを取るほうが、簡単なんですね?

 

アストロズバーランダー投手は、ベテランの大エースです。

前回、エンゼルス戦で完封勝利しました。

それは、単なる球威や変化球ではありません。

それを学んで欲しいと思います。

三振でアウトを取るのは、投手の「自己満足!」に過ぎません。

結論、優れた球威や変化球を持ちながら、「打たせてアウトを取る」技術の優れているピッチャーが結果として、良い成績を残します。二刀流をするなら?無駄なエネルギーを使うことは、出来ません。投手としてプレーして好成績を残し、なおかつ疲労を最小限にとどめ、バッターとしてプレーしなければ長くは持たないでしょう。

 

長くプレーするほど疲労の蓄積は、マイナスの意味でプレーに影響します。

メジャー最高のストレートなんか投げる必要はありません。

楽に150㎞台のストレートを投げとけば、十分です。

後は、変化球とのコンビネーションとコントロールと球のキレでしょう。

 

☆「大谷翔平くん」の良かった部分

余り調子の良くなかった状態で、それなりに投げて抑えたところです。

ダルビッシュなら、ぼこぼこ!打たれてko!されます。