「北の山じろう」日記&2018年は「大谷翔平くん」の応援!

☆大谷翔平 ☆メジャーリーグベースボール ☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

田中将大くんレンジャーズ戦に先発、5回を3安打4失点(自責4)ながら5勝目<アメリカ5月21日

大谷6号、センター長打率は群抜くリーグNO・1
[2018年5月19日8時24分 ]

 https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805190000125.html

日本ハム時代には、全く言及していない。

理由も解説していない。

正しい解説は、素人のブログでしか出来ないのか?

日本ハム時代には、結構ライトスタンドの中段に「軽々」とホームランを打っていました。

それを見て?「ど素人!」の私は、驚いたものです。

かる~く打って、あそこまで行っちゃうんの?

 

これが、「大谷翔平くん」の本来の打球です。

今、センター方向の打球が話題になっています。

メジャーに行って、初対面のピッチャーばかりでしょう?

NYヤンキースのセベリーノみたいに、正直なピッチャーは、メジャーにはいません。

インコースに打ちやすいストレートを投げる)

大体、ぐちゃぐちゃの変化球が主体です。

変化球→カーブ・チェンジアップ・スライダー・シンカー。

傾向と対策により変化します。プラス・ストレート。

バーランダー投手が、仕上げをしました。

これは、高めのストレート+スライダー

今、この攻め方が「大谷翔平くん」攻略の主流です。

まあ?次は無理だろうね?

 

結論?

センター方向の打球が多いのは?

まだ的を絞れないから?しょ~がないので、基本のセンター返しをしているんです。

慣れてきたら?

真ん中から内側は?

ライトスタンド!一直線!!

外側は、レフトスタンドに行って欲しいですね?

 

☆結論

まだ?「大谷翔平くん」の実力が理解されていないようです。

慣れてきたら?ライトスタンドの中段から上段です。

センターなんかに打ちませんのです!

大問題は、外目をレフト方向にほうり込めるかどうかです!

(これが出来たら?バリーボンズ2世)

レベルが、違うんですから?

(メジャーにも、こんなバッターはいないと思います)

(技術的には、nyヤンキースの「アーロン・ジャッジ」や「スタントン」をすでに凌駕いていると思います。)