「北の山じろう」日記&2018年は「大谷翔平くん」の応援!

☆大谷翔平 ☆メジャーリーグベースボール ☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

(アメリカ)5月23日>「大谷翔平くん」9回表土壇場同点打、エンゼルスは逆転勝ち

大谷が土壇場同点打 エンゼルス逆転勝ち/打席詳細
[2018年5月24日12時37分]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805240000046.html

一部引用>

ブルージェイズエンゼルス>◇23日(日本時間24日)◇ロジャーズセンター

 エンゼルス大谷翔平投手(23)が5番DHで出場。2点ビハインドの9回1死満塁でバットを折りながら同点となる2点適時打を放ち、チームの勝利に貢献した。

 

 第1打席から三振、四球、左飛、三振、中前打(打点2)で、打率は3割8厘となった。

<引用終わり


大谷、初盗塁でメジャー現役投手4人目の快挙 「わずか26試合」で達成
2018.05.24
https://full-count.jp/2018/05/24/post132090/
大谷翔平、技あり同点2点打に米メディア称賛 「バットで感銘を与え続ける」
2018.05.24
https://full-count.jp/2018/05/24/post132141/

 

☆まあ?「技あり」と言うより?

何が何でもショートの頭を超えてやる!

(気力)

バットをへし折られながら、センター前ヒット!

(力技)

まあ、これが本音でしょう

 大谷、土壇場同点打「食らいついたもの勝ち」
[2018年5月24日13時38分]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805240000439.html

☆しかし、よく打ったと思います。

根性(とパワー)でショートの上を越えた打球でした。

どんな打球でもいいんですね?結果としてヒットになり、チームに勝利をもたらす。

それが、一番大切です。

その後が、また良かったですね!

自身初の盗塁を敢行!見事成功!この盗塁が結果として、チームの勝利を決めました。

その後、(ショートの)シモンズ選手が、タイムリーヒットを打ったので2点勝ち越しに成功。

エンゼルスの(弱体?)リリーフ陣も9回裏何とか1失点で、踏ん張りエンゼルスの逆転勝利となりました。

もし、「大谷翔平くん」が盗塁していなければ、シモンズ選手のタイムリーは1点でしょう。

延長戦になっていたかもしれません。

 

☆非常に厳しい言い方かもしれません。

DH5番を打つならば?

もっと、得点を意識して欲しいです。

得点圏に走者がいるとき、いかにヒットを打つかが今後の課題です。

 

もう一つ課題があります。

それは、高めのストレートをどうやって打つかです。

大谷翔平くん」は、ローボールヒッターだと言うことがメジャーでも分かってきました。

だから、今高めのストレートで攻められることが多いです。

高めのストレートを打つには、バットを上からかぶせて打つしか方法はありません。

日本の野球用語で、「ダウン・スイング」と呼ばれる打ち方です。

ローボールヒッターだと言うことは、アッパー気味にスイングしていることになります。

ボールの高さに応じて、スイングを変えなければなりません。

日本ハム時代に高めをストレートで攻めてくるようなピッチャーは、余りいなかったんでしょうね?

大谷翔平くん」くらいのパワーがあれば、スイングのやり方さえ正しければ、高めの球なんか

かる~くスタンドインだと思います。

(早くお勉強して!やって見せておくれよ!待ってるよ!!!)