「北の山じろう」日記&2018年は「大谷翔平くん」の応援!

☆大谷翔平 ☆メジャーリーグベースボール ☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

(アメリカ)5月25日>「大谷翔平くん」は、ヤンキースの「セベリーノ+チャップマン」に3打数無安打1四球

大谷、大ブーイング敵地で3戦ぶり無安打 チャップマンと全直球勝負も凡打
2018.05.26
https://full-count.jp/2018/05/26/post132645/

一部引用>

エンゼルス大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場し、3試合ぶりに無安打に終わった。3打数無安打1四球で打率.309。第4打席にはヤンキース守護神アロルディス・チャップマンとの対決が実現したが、164キロ速球で遊ゴロに打ち取られた。チームは1-2で敗れた。

<引用終わり

 

8回表、1-2でヤンキースがリードの場面で、ヤンキースのアーロン・ブーン監督は、8回2死一塁の「大谷翔平くん」の第4打席で、クローザーエースの「アロルディス・チャップマン投手」を投入。

見せ場は、あったものの5球すべて直球勝負!最後は、遊ゴロに打ち取られました。

1打席だけの対決で、「アロルディス・チャップマン投手」を打つのは、どんな優れた打者であろうと困難だと思います。普通に打ちにくい左投手が、がんがん!164kmの速球を投げ込んできます。まだ外側に投げられたら幸せ!(左バッターにとって)

内側に投げられると?

ストレートが浮き上がりながらインコースに食い込んできます。

左バッターが、現在の「アロルディス・チャップマン投手」を打つのは、ほぼ不可能と言っていいと思います。

その「アロルディス・チャップマン投手」から、「4球目には大飛球を左翼ポール付近に飛ばした」のが驚きです。外のストレートにタイミングが合い始めているのですね?

左中間に初速170kmの2塁打を何本か打っています。

角度の問題なんですね?角度が低いから2塁打になります。

26度~30度の角度を付けられるようになったら?かる~くスタンドインです。

左中間は、「大谷翔平くん」にとって逆方向です。

その方角に強い打球が打てています。

ですから?「スタンドイン!」は時間の問題に過ぎません。

「いつ?」

の話です。

全方向にホームランを打てるバッターなんか、メジャーと言えどもそんなに沢山は、いません。

アロルディス・チャップマン - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%9E%E3%83%B3

 

先発の「ルイス・セベリーノ投手」は、前回の対戦で「痛い目!」にあっていますから?

今日は、徹底的に外角攻め。

前回、言ってましたから?

「もう、インコースに(ストレートは)投げないよ!」

「ルイス・セベリーノ投手」は、今日の勝利で7勝目。

NYヤンキースの先発エースです。

ルイス・セベリーノ - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8E

大体、アストロズバーランダー投手と同じ(ハイ)レベルでしょう。

+クローザーの「アロルディス・チャップマン投手」では、流石に無理でした!

明日のNYヤンキースの先発は、誰だとは言わないが?

「ルイス・セベリーノ投手」よりは、「大谷翔平くん」には「楽な?」相手です。

明日!NYヤンキースの先発某投手に!「思いっきり!」今日の鬱憤をぶつけたらいいと思います。

明日のNYヤンキースの先発某投手は、誰だか知らないが?

明日は、対「大谷翔平くん」と言う意味では、結構大変だと思います。

何か?一発ありそうな気がします。

非常に楽しみです。

今日は、もう終わったんだから?しょ~がない?

NYヤンキースの万全の「大谷翔平くん」対策にやられてしまいました)