「北の山じろう」日記&2018年は「大谷翔平くん」の応援!

☆大谷翔平 ☆メジャーリーグベースボール ☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

3日以内の入市でがん死亡リスク増 広島大解析 (原爆投下後に広島市内に入った人)中日新聞

原発事故が起こり、世の中が「脱原発依存」に向かい始めたから、このような研究が日の目を見たのでは、ないかと思います。他にも沢山あるはずです。そのような研究成果を、掘り起こして、マスコミは、積極的に報道してほしいと思います。放射能による環境汚染や食品汚染による健康被害について、このところパラパラですが記事を目にします。過去は、この際問いません。未来に向けて、積極的に「事実」を報道していただきたいと思います。

中日新聞 CHUNICHI WEB
トップ >http://www.chunichi.co.jp/
3日以内の入市でがん死亡リスク増 広島大解析
(原爆投下後に広島市内に入った人)
2012年9月16日 16時05分
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012091601001486.html
◎全文引用

 原爆投下後に広島市内に入った人のうち、投下から3日以内に入った人は、同年齢で4〜14日後に入った人より、55年後の時点でがんで死亡するリスクが高い傾向にあることが16日、広島大原爆放射線医科学研究所の大谷敬子助教らの研究で分かった。

  投下当時20歳だった人の場合、統計解析の結果、がん死のリスクは男性で13%、女性で8%高かった。放射性降下物や残留放射線による健康被害の可能性が 数値化されたのは初めてといい、大谷助教は「3日以内に入市した人は、原爆による爆風で舞い上がったちりやすすが放射能を帯び地表に降り積もった中を歩き 回った影響があると考えられる」とする。
(共同)




☆ホームページのご案内
東日本・寄せ集め民報(ニュース・記事)
福島第1原発事故と原発問題、チェルノブイリ原発事故関係情報案内所
福島原発事故と放射能環境汚染・食品汚染・健康被害、チェルノブイリ関連情報案内所