「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

国会が専門家招致を拒否 隠されている子どもへの被害<税金と保険の情報サイト>

税金と保険の情報サイト
トップ>http://www.tax-hoken.com/

国会が専門家招致を拒否 隠されている子どもへの被害
 2013年5月20日 03:00
http://www.tax-hoken.com/news_aFF5VatiBu.html
▼全文転載

 

みどりの風、谷岡議員が指摘

参議院の予算委員会が、放射線医学の専門家、崎山比早子医師の参考人招致が却下され続けている。崎山医師は国会事故調査委員会のメンバー。みどりの風の谷岡参議院議員が13日の委員会で報告した。

 

画像

http://www.tax-hoken.com/files/620/046615472223b54e0a5d67481d7bbbf6.png

 

国会が選んだ委員を招致できない

東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(国会事故調査委員会)は2011年12月、議員立法により設立された。崎山比早子医学博士は、国会によって選抜された委員9人のうちの1人。

マサチューセッツ工科大学研究員、放射線医学総合研究所主任研究官を経て、委員に選ばれた。にもかかわらず、谷岡議員によると、参議院予算委員会に参考人招致を求めたところ、自民党などからの反対を受け、これまでに5~6回拒否されているという。

低線量被ばくでも白血病増加

自民党などが崎山博士の招致を拒むのは、原発再開に対し、反対材料となるような考えを語られたくないため、と谷岡議員は指摘する。

同議員が崎山博士に確認したところ、子どもに対する低線量被ばくのリスクについて、注意を求めたという。

米国科学アカデミーの「低線量電離放射線被ばくの健康リスク委員会」が作成した報告書報告書BEIR VIIによると、0歳女児の放射線に対する感性は40歳男性の7倍、40歳女性の4倍にのぼるとのこと。

また、欧州各国の原発周辺や自然放射線量の高い地域では、被ばく量が年間1ミリシーベルト、あるいは5ミリシーベルト程度という低線量でも、子どもの小児白血病は有意に発症率が上昇していること。

感染症の増加や消化器系、心臓血管系、呼吸器系、内分泌系、神経系など、あらゆる疾病が増えることなどについても、崎山博士は警告しているという。

 

外部リンク
◆衆議院議員 谷岡邦子
http://www.taniokachannel.com/katudou.html

 

税金と保険の情報サイト
トップ>http://www.tax-hoken.com/