「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

ブラジル大会決勝トーナメント ブラジルVSチリ ブラジルかろうじて勝利~ほか

AFPBB News
苦しんだブラジル、チリとのPK戦を制し準々決勝進出
2014年06月29日 05:23 発信地:ベロオリゾンテ/ブラジル
http://www.afpbb.com/articles/-/3019077

 

ブラジルが1点先制、チリが追いつくも、その後両チーム得点無くPK戦に突入。

PK戦 3-2 でブラジルの勝利

 

※ やはり、チリは善戦しましたネ?PK戦の結果次第では、ブラジルが敗北する可能性もありました。決勝トーナメントは、中南米勢が活躍するのは、どうやら 「お約束」のようです。ブラジルの次の対戦相手は、多分コロンビアになり、こちらも好調ですし今回非常に良いチームに仕上がっていると思います。何とな く、今回の大会は「波乱の予感」がしてきました。

 

AFPBB News
【写真特集】W杯グループリーグに花を添えた美女サポーター
2014年06月28日 23:00 発信地:その他
http://www.afpbb.com/articles/-/3018685?ctm_campaign=photo_topics
【写真特集】W杯グループリーグを盛り上げたサポーター
2014年06月28日 23:00 発信地:その他
http://www.afpbb.com/articles/-/3018682?ctm_campaign=photo_topics
【写真特集】W杯で声援を送る各国のサポーター
2014年06月24日 11:50 発信地:その他
http://www.afpbb.com/articles/-/3018137?ctm_campaign=txt_relation&3018682

 

※日本サッカーのタレント不足は、サッカーがマイナースポーツであった時代が長かった事にあります。

例えば??

バレー、日本は独に敗れ11連敗
2014年6月28日
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2014/06/28/0007095702.shtml

バレーやバスケットには、運動能力に優れた身長の高い選手ばかりです。

色々なスポーツの選手を、子供のころに積極的にスカウトすることも必要でしょう。

 

※一番良い選手は、野球に取られてしまいます。

やはり、ワールドカップで上位の成績を上げ、知名度を高めることが必要な理由があります。

ま た、Jリーグをもっと、盛んにしファンを増やすことも必要でしし、Jリーグのレベルアップにももっと取り組むべきでしょう。野球と比較して劣るのは、収入 です。サッカーやったほうが、将来大きな収入が得られますよ!と言う環境を整備することを言っています。既に、ヨーロッパの一流リーグに移籍してかなりの 収入を得ている選手もいます。野球の選手より、圧倒的に有利な部分があります。それは、コマーシャル収入や肖像権に関する収入が野球選手より、かなり多い ことです。

 

選手自身の能力が高くなれば、高収入が得られます。Jリーグは選手を育ててヨーロッパの一流リーグへの選手の供給源となれば、育成して大きな移籍金を得ると言う有力な収入源を作ることにもなります。

また、底辺のレベルアップも必要です。小学生・中学生年代のコーチ・監督のレベルアップも必須です。元プロ選手を学校の体育の先生として送り込むことなども考えてみては、いかがでしょう。

教師の免許を取る費用は、日本サッカー協会が負担または援助するのです。

 

※また、選手の選考基準を少し考え直す必要もあります。

現在、育成年齢で重視しているのは技術的な面であろうと思います。運動能力は、その次でしょう。

し かし、オランダのロッベン選手を見て思いますが、100メートルを10秒台で走るような圧倒的な走力があります。アフリカの選手のずば抜けた運動能力しか りです。基本的な運動能力を重視する方向も考えるべきでしょう。技術はあるが(多少)運動能力は、貧弱な選手は結構見かけます。

 

やはり、サッカーもスポーツです。基本的な運動能力や頭の良さを軽視しているのでは、ないかと思います。今回の代表チームの主力メンバーを見ていると、「本当に頭が悪いな」と思います。運動能力もそうですが、頭のシャープさがないと「考えるサッカー」は出来ません。

 

日本の目指すべきサッカーは、「考えるサッカー」であるように思います。

余りにも、サッカーの理解が一面的で部分的です。

サッカーとは、どのようなスポーツなのか??

どのように、チームの全体的な(トータルでの)能力を高めていくのか??

どのように勝つのか??

そのためには、どのような戦い方をするべきなのか??

 

試合中でも、頭の良さは必要です。

攻めるにしても、守るにしても相手チームより一歩先に読まなければなりません。

そして、今どのような状況にあり、どう試合を進めるべきなのか?

得点を挙げることにいたっては、思考とアイデアがなければ、どうしようもありません。

 

単に「パスをつないでチームが連動すれば得点を上げることが出来る」「その中で日本人らしさを出していく」

 

この程度の単純な考えは、思考とは程遠いものです。

単に自分たちが思い込んでいるだけで、具体的に何をするかが全くありません。

だから、格上のチームは日本チームの考えていることや、これからどう攻めてくるかが簡単に分かるのです。簡単にパスカットされたり、パスのコースを消されたり、あるいは高い位置からプレッシャーをかけられたりします。

 

※上記のことは、本来監督が考えるべきものです。

監督が戦術と作戦を考え、実際の試合の流れの中で修正しながら戦いを進めるのが普通のやり方です。選手は、監督の戦術と作戦を実行するのがミッションです。

ですから???

監督の能力が低ければ、ワールドカップのような大きな大会では、勝てません。

選手が、「自分たちのサッカー」などと言う、「やっている自分たちですらよく分からないプレー」をすれば??

それは、戦術や作戦なしにプレーしているのと同じです。その場その場の思いつきや、勘任せでプレーしていることになります。

 

みっちり戦術を考え、相手を研究し作戦を立てて試合に臨む格上のチームには、絶対に勝つことは出来ません。「チームの指揮を執るのは、監督だ!」と言う基本的なことを、監督も選手も忘れていたように思います。