「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

ブラジル大会>(ワールドカップ史上最大の惨劇?) ドイツVSブラジル戦の結果について

※まさか???と思います。予選リーグでの試合ならともかく?

準決勝です。

このレベルでは、せいぜい1点差。余程ひどくて2点差でしょう。90分+30分で決着がつかずPK戦も、よくあります。

「7-1」

信じられません。

 

ロイター

W杯=ドイツが決勝進出、開催国ブラジルに7発圧勝
2014年 7月 9日, 11:11 JST

 

この記事を見ると

ドイツが、前半11分に先制ゴール(1点目)

23分に追加点(2点目)

 

そこから「6分間」で、更に追加点3点。合計5得点(5-0)

前半の29分で、試合は終わってしまいました。

 

※前半23分に2点目を取られた時点で、瞬間的に同時にブラジルのピッチ上の全選手が、「負けた!」と思ったのでしょうネ?そう思ったら、勝利への重圧の反動でブラジルの選手の頭が、「空白状態」になったのではないかと推測します。

 

※ブラジルの選手全員が、「何を?どうすれば良いのか??」分からなくなってしまった。その間隙を突いて、ドイツは鋭く攻撃した。それが、たった6分間の3得点だと思います。

 

※ブラジルにとって、不運だったのは、チームのキャップテンで守備の要である「チアゴ・シウバ」選手が累積警告で、出場停止になっていたことです。「チアゴ・シウバ」選手がピッチ上にいれば、これほど酷い事にはならなかったように思います。1点目を取られた時に、チームを引き締め励ますべきキャップテンは、いませんでした。

チアゴ・エミリアーノ・ダ・シウバ

 

※有り得ない事が、現実に起こってしまう。

ハイレベルなチームの心理的バランスが狂うと、こうなってしまうのですネ?

そう考えると??

予選リーグでの

スペインの大敗

ポルトガルの大敗

の理由が理解できます。

ワールドカップには、「魔物」が住んでいる。

このように思います。

ブラジルであろうと、最悪こうなってしまいます。

一発勝負の、真の怖さを見た思いがします。

 

※非常に残念な結果です。

守備の要であるキャップテンと攻撃の要である「ネイマール」を欠いたブラジルは、余りに脆過ぎました。

 

※ドイツは、フランス戦(順々決勝)とは違い勝ちに行きました。

それが、もろに当たった印象です。

準々決勝の、ドイツVSフランス戦が事実上の決勝戦だったのかも、しれません?

 

 

※しかし?なあ???

野球の試合じゃ?ないんだから???

大概にしろ!!!(=もっと!真面目にやれ!!!)

(これで?真面目なら??)

(ブラジルは、罰として向こう20年ワールドカップの出場資格、剥奪!!)

 

※私は、今回「守備の重要性」について、主に日本代表向けにしつこく書いてきました。

これでは、まるで??私が?「うそつき!」に見えます・・・