「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

茨城で2マイクロシーベルト 変わらない放射能汚染の実態<日刊ゲンダイ2014年7月>

日刊ゲンダイ
トップ >http://www.nikkan-gendai.com/

茨城で2マイクロシーベルト 変わらない放射能汚染の実態
2014年7月18日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/151954
▼全文転載

 

 福島原発事故から3年余り。放射能の恐怖は少しずつ薄れてきているようだ。安倍政権も再稼働に前のめりで、一日も早く川内原発を動かそうとしている。一方で新たなホットスポットも出現しているのだ。

 最近になって問題になっているのは茨城県守谷市の遊技場だ。つくばエクスプレス守谷駅から車で10分の場所にある。情報提供をもとに、本紙が敷地内に ある倉庫の雨どいを計測すると、左側が毎時2・06マイクロシーベルトを示した。右側も1・99マイクロシーベルトである。放射線による障害を防止するた めに文科省が定めた基準の3倍以上の値だ。近隣住民は、「地元では犬の散歩コース。知らないで通っていたと思うと複雑です」と話す。そこから車で5分程度 の常磐道・守谷SA(上り)も、地上1メートルの空間線量が0・14マイクロシーベルトあった。

 11年の夏に本紙が調査したホットスポットも、ほとんど変わっていないことが分かった。例えば葛飾区の「都立水元公園」は、入り口の植え込みで0・2マイクロシーベルトを記録。11年6月の計測では0・28マイクロシーベルトだから深刻だ。

 

■半径100メートルは同じ状況

 元立教大学理学部教授の佐々木研一氏(放射能に関わる無機・放射化学)が言う。
「守谷の2マイクロシーベルトはとても高い数字です。草で覆われていたり、細かい砂がたまっている場所はセシウムが残りやすい。半径100メートルは同じような状態でしょう。散歩している方はコースから外した方がいい」

 天然放射性物質などを考慮すれば、関東なら0・05~0・1マイクロシーベルトの間であればひとまず安心という。水元公園の0・2マイクロシーベルトは、それを大きく上回っている。

「水が流れない植え込みなどは、セシウムが移動しにくいし、チリやホコリとくっついて積もっている可能性がある。近くにいると吸い込んでしまうから、小さ い子は遊ばせない方がいいですね。福島原発事故後、放射能は北西に双葉、飯舘、二本松と流れた。その後、二本松を起点に集中的に南下し東北新幹線沿いに飛 んでいます。茨城・守谷や千葉・柏、松戸で高い値が出たのもそのため。盲点になっているホットスポットは、ほかにもあると思います」

 最近も、ガレキ撤去で大量の放射性物質が飛散し問題になっている。ホットスポットを見つけても、汚染土を持って行く場所がないのも現実。原発事故の被害は今も風化していない。

 

日刊ゲンダイ

日刊ゲンダイ電子新聞(WEB版)-ゲンダイオンライン|競馬版・関東版・関西版・総合版
料金・申込方法
スマートフォン・タブレット用日刊ゲンダイ電子版
週刊現代デジタル
フライデー

現代ビジネス [講談社]

 

 

ブログ目次
☆ホームページのご案内
福島第1原発事故と原発問題、チェルノブイリ原発事故関係情報案内所
福島原発事故と放射能環境汚染・食品汚染・健康被害、チェルノブイリ関連情報案内所