「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

駅員への暴力「60代以上」がトップ 結果にネットでは「納得」の声<J-CASTニュース>

J-CASTニュース
駅員への暴力「60代以上」がトップ 結果にネットでは「納得」の声
2014/8/ 3 14:30
http://www.j-cast.com/2014/08/03211635.html

 

☆実に情けない話です。私はその下の年代です。

一部引用

  2013年度に起きた鉄道係員への暴力行為で、「60代以上」の加害者が最多となった。50代の加害者とあわせると43%以上にものぼる。

   この結果に、ネット上では「納得」との声が多い。ツイッターでは「空港や駅でキレて騒いでいるのって、圧倒的に50~60代」との声もあり、鉄道以外でも60代による暴行・傷害事件は増えている。

 

   60代の人口は増えつつある。第1次ベビーブームで生まれた「団塊の世代」(1947年~49年生まれ)は、2014年までに65歳を迎える。その ため2月現在の総務省「人口推計」では、「65歳以上」の人口が約3227万8000人にのぼった。前年同月から110万人以上増加していて、総人口の4 人に1人以上が「65歳以上」になる。

 

  年配者の暴力行為は、鉄道に限った話ではない。警視庁の「平成25年の犯罪情勢」によると、13年の暴行検挙数は、各年代のうち「65歳以上」だけが前年度より増加(1.0%)した。同様に傷害の検挙数も増え、前年比4.5%増となっている。

 

☆本来、50代60代はその下の年齢層の手本となるべき世代です。

現実はその反対になっている。

更に一部引用

加害者の飲酒の有無は「飲酒あり」が57.1%で、11年度の57.7%、12年度の59.8%とほぼ横ばいだ。

 

☆酔っ払って理性を失い恥ずかしい振る舞いをしている構図が見えます。

「タバコ=健康に悪い」

こうなっていますが、私の経験では「飲酒の健康への悪影響」は喫煙などとは比較にならないほど大きいです。

「タバコ=健康に悪い」は、イメージ先行し洗脳されています。

それよりはるかに、健康に悪い「飲酒」は、全然お咎めがありません。

私は、「洗脳」されるのも「騙される」のもごめんです!