「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

ふにゃふにゃの相場に、げんなり?(金Goldに投資する意味は?)

私の見込みは、17500円台の値固めをして18000円を目指すと言う想定でした。

今日も、当然そのような方向(買い)のトレードをしました。
ところが?日中チャートは、典型的な下げパターン。
上がるはずも無く、昨日の利益を全部吐き出して、損きり。

昨日の値動きを見ていると、下がるようには思えませんでした。でも、一日経つと気分が変わるのが、兜町の住人の常です。

今日、大体の方向が見えて、それからトレードするべきでした。自分の都合や利益に合わせて考えると、大抵失敗します。

今月は、ほぼやる気をなくし、一応チャートの示す方角(売り=ショート)を少し立てて様子見。これが、はずれたら今月は、おしまい!

さて、金Goldに投資する意味です。
これは、金が今より値段が高く下落傾向が出ていたころの話です。
質問者
「どうして、金に投資するのですか?」

誰でも、普通は下がりつつある金の投資はためらうでしょう。回答者が、何と応えたのかは、忘れました。

ご参考(チャート)
http://www.commodity.co.jp/lineup/gold/gold_long_c..

これを見ると、NYと日本では少し値動きが違います。
割高で値下がりするかもしれないけれど、金を購入する人が結構、日本にいることが分かります。

理由は、ご自分の資産防衛です。
今も、インフレ傾向がありますが、前に南米諸国はハイパーインフレに悩まされていました。この時、多くの人が資産を失ったそうです。自国通貨や国内債権で資産を持っていた人々です。

一方、資産を維持された方もおられるそうです。
資産を維持された方には、共通点があり資産を外貨や商品先物的な形で持っていた人だそうです。

現在、日本で金を継続購入する人々の考え?
分かりますネ?
仮に将来、金が半値になろうと3分の1になろうと、その価値は残ると言うことです。全部、なくなるよりはマシだろ?と言うわけです。

現在、日本政府は計画的インフレ誘導政策を取っています。年金は、実質削減の方向にあります。もし、計画的インフレが暴走インフレ(=ハイパーインフレ)になってしまったら??

通貨・円(日本円)で支払われる年金の価値は、大きく毀損されることになります。国の借り入れ(日本国債)は既に1000兆円を超えています。現在、税収が多少増えたと言っても10兆円の単位です。その程度では、元本の返済はムリです。

こう考えると?
金Goldに投資する意味が、しみじみ理解できると思います。

2015年02月03日 20時16分