読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

パスコン・ウイルスに感染した時の体験 & FireFox

※「FireFox」について。

非常に優れた、インターネット閲覧ソフトだと個人的には、思っています。

パソコンを始めて3年後くらいに、インターネットの閲覧が不便になりました。

当時の私のパソコンの性能が古くなっていたのです。

そのため(パソコン初心者なら誰でも最初、利用する)Internet Explorerの動作が極端に重くなったのです。そんな時、googleChromeをリリースしました。ダウンロードして使ってみると??その軽快さに驚きました。

 

しかし、セキュリテイの面にやや疑問を感じ、色々なインターネット閲覧ソフトを試して見ました。それまでは、Internet Explorerしか知りませんでした。探すと、すぐ

FireFox」が見つかりました。使ってみると、動作は軽快であるし設定も簡単で気に入りました。以来、ずっと「FireFox」を利用しています。

私の「お気に入り」のインターネット・ブラウザですからネ?

一応、ご紹介。


Firefox のダウンロード — 自由な Web ブラウザ — Mozilla

https://www.mozilla.org/ja/firefox/new/

 

※さて、パソコン・ウイルスに感染した話です。

症状は、まずWebメールに入力しようとすると文字入力出来なくなりました。

そして、「ファイル名を指定して検索」のような項目が勝手に起動してリンク切れの古いファイルがやたら出てきました。

 

※どう考えても、これはおかしいですネ?

ちょうど、セキュリテイ・ソフトの更新時期で色々な試用版を試していました。

二つくらいの試用版でセキュリテイ・チェックを実行しましたが、ウイルスは検知されませんでした。

 

※しかし、どう考えても?おかしい!!

一旦、パソコンをシャットダウンしてインターネット接続を切り、考えました。

そのうち思い出したのが、プロバイダの無料セキュリテイ・チェックサービスでした。「だめもと」で、試して見ました。なにしろ、ADSL回線でしたので、しかもプロバイダの側からやりますので、随分時間がかかりました。

(この場合のコピー&ペースト入力の利点を考えてください。キーボードを操作しなければ、パソコン・ウイルスには分かりません。実際にこうしました。キーボードの操作をしないのに、どうしてプロバイダのホームページにログインできたのか?現実にはしませんでしたが、ここでキーボード入力すると?ログイン情報を盗まれたと思います。もし、仮に「パスワードマネージャー」を利用するなら、キーボード入力は「厳禁!」です。パソコン・ウイルスに感染していた場合、「根こそぎ!」いかれますよ!!)

 

※結果は、パソコン・ウイルスが検知されプロバイダのセキュリテイ・ソフトが対応してくれました。感染場所は、意外な部分でした。当時、メーンのセキュリテイ・ソフトと同居できるとのうたい文句の無料のセキュリテイ・ソフトがありました。面白いので、これをインストールしていました。この無料のセキュリテイ・ソフトのセキュリテイ・ホ-ルを狙う新型のパソコン・ウイルスでした。

「あなたが、世界で10番目の感染例です!」

と、プロバイダのセキュリテイ・ソフトに判定され、「ゲンナリ!」しました。

ちなみに、普通のセキュリテイ・ソフトを二つインストールすると?どうなるか?

パソコンがフリーズして、どうにもならなくなります(実際にやってみました)。

もし、一方が普通の強さがあり、もう片方が虚弱だったら?どうなる??

強い方が、虚弱なほうを制圧してしまいます(これも、実際にやってみました)。

普通のセキュリテイ・ソフトに「制圧」されてしまうような「虚弱なセキュリテイ・ソフト」は「気休め」くらいの役にしか立ちません(無い方が、マシかもしれません)。

 

「タダほど高いものは無い!」と言う好例でしたネ?

それ以来、無料のセキュリテイ・ソフトは試用版を試す以外に利用したことはありません。有料のセキュリテイ・ソフトは色々有ります。

 

私が使っているのは、当然パソコン・ウイルスを検知し退治してくれたソフトです。

ノートン」です。

使いやすいです。

 

※そして、ウイルスに感染したのは、中堅のポータル・サイトです。

フリーメール・アドレスを作ろうとした時、私の愛する「FireFox」は、かなり頑固に抵抗しました。でも、利用する私が「おバカ」だったので、「FireFox」の抵抗する意味が分からず、強引にアドレスを作りました。この時に、ウイルスに感染したのだと思います。

 

※以上が、私が「FireFox」を愛用し、「ノートン」を信頼する理由です。

 

※「FireFox」のダウンロードのリンクを試して見たら??

「古いバージョンのFireFoxを利用しています!」

と、しっかり!警告されてしまいました。

そう言えば?

記事を書いているうちに、何か自動的にダウンロードされていました。

それに対し、「ノートン」は「安全!」の判定をしました。

ダウンロードされたのは、「FireFox」の最新バージョンだったと言うわけです。

私のパソコンで勝手に振舞えるのは?

Windowsのパッチのダウンロード

ノートンの定義更新

FireFox」の最新バージョンの自動ダウンロードです。

新バージョンがリリースされると自動的にダウンロードしてインストールするように設定できます。その更新具合を実際に体験したら?

私が、「FireFox」を推奨する理由が理解できると思います。