「北の山 じろう」日記               (その心は?明日、天気にな~~れ!)

☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

熱中症対策>夏場の電力需要のピークに市民が家庭で電気を節約しては、いけない!!

夏場の電力需要のピークには、電気が不足する可能性があるそうです。

しかし、こんなとき市民が家庭で電気を節約して協力する必要は、全くありません。

クーラーを、ガンガンかけて扇風機を回して、熱中症にならないようご注意ください。

 

それは、何故か??

電力の大口の需要者は、沢山いるからです。

娯楽施設、大型量販店、デパート、スーパー、オフィス、工場・・・

沢山あるでしょう?

こういう場所で、電気の使用を減らせばよいことです。

それを、一般家庭にやらせようなどというのは、間違いです。

 

電力の需要期に営業を一時中止する。

事務所や事業所であれば、夏休みを長めに取るなど対策は、いくらでもあります。

大体、日本の民間の勤労者でまともに有給休暇を消化している人など、ごく僅かでしょう。「みんなで、夏休みを目一杯とって、暑い時は休む」、これを日本の夏の風物詩にするよう努力するべきです。

 

夏の暑い盛りに、「営業成績を上げろ!!」などといっている会社は、倒産させるべきです。涼しいときや寒いときに、せっせこ働けばよいことでしょう。

 

以上のような理由と国民の健康のために、一般国民は夏場は、家庭では節電などせず大いに電気を使いましょう。

 

東電の利益のほとんどは、家庭向けや小口向けの電気代によるものだそうです。大口は、ほとんど儲からないと言うことですネ?東電を儲けさせてしまうのではないか?→夏場くらい、いいでしょう。