「北の山じろう」日記&2018年は「大谷翔平くん」の応援!

☆大谷翔平 ☆メジャーリーグベースボール ☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

「大谷翔平くん」のおいしいとこ?も書いてあげよう?メジャー球宴本塁打競争辞退者続出の怪?

大谷、出塁率長打率足したOPSは9割9分1厘
[2018年5月25日14時30分]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805250000494.html

 

OPS?

大谷翔平くん」?十分、大物ルーキーでしたね?

10割超えたら、超強打者の証明ですから?

10割超え目指して、励んで欲しいと思います。

ウルトラ天才なんだから?

シーズン終了の時には、出来てると?(期待して待ってます)

 

☆今日の目玉記事

球宴本塁打競争を大物が続々辞退 大谷に期待
[2018年5月25日8時52分 ]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805250000180.html

 

これは、何なんだ?

大谷翔平くん」は、試合前の打撃練習で150M超えのフェンス超えを連発していることは、今となっては広く知られています。

似たようなことが、出来るのは?

現役のメジャーリーガーでも、数は少ないです。

NYヤンキースの「アーロン・ジャッジ」と「スタントン」だけでしょう。

 

「アーロン・ジャッジ」は、早々に回避し?

レッドックスのホームラン・コンビ?

「ムーキー・ベッツ」と「J・D・マルティネス」も、回避を表明しました。

 

☆ホームラン数上位の打者では?

不参加(=逃げる)を表明していないのは?

「マイク トラウト→エンゼルス」と「マニー マチャド→オリオールズ

あと「ホセ ラミレス→レンジャーズ」と「ジョイ ガロ→レンジャーズ」

「ジアンカルロ スタントン」も逃げたとは、聞いていない?

現在のホームラン数上位の打者が、軒並みメジャーの球宴本塁打競争から辞退しています。

 

理由は、非常に簡単?

試合前の打撃練習の飛距離で「勝てない!」と思った人が回避しているんだろうと思います。

その心は?

「出て恥をかくくらいなら?最初から出ない!」

 

あくまで?試合前の打撃練習のレベルの話なんですが?

大谷翔平くん」の飛距離を超えることが可能なのは?

NYヤンキースの「アーロン・ジャッジ」と「スタントン」だけだと思います。

 

「スタントン」まで、もし逃げたら?

メジャーの球宴本塁打競争の相手が(「大谷翔平くん」が出るとして)?

いなくなってしまいます!

去年の優勝者は?記憶では?

NYヤンキースの「アーロン・ジャッジ」だったと思うんですが?

去年は、「アーロン・ジャッジ」もルーキーイヤーです。

メジャーの球宴本塁打競争は?

ルーキー用のイベントになったのかな?

エンゼルスのスーパースターの「トラウト選手」が、大爆発!

トラウト17号弾含む5安打 大谷仰天「味方もひくくらい洗練された打撃技術」
2018.05.27
https://full-count.jp/2018/05/27/post133064/

 

マイク・トラウト - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%88

 

 

マイク・トラウト選手は、「大谷翔平くん」にとって良きお手本でしょう。

最初は、1番バッター的な要素が強かったんです。

だから、メジャーデビュー2年目の2012年には、49盗塁で盗塁王になっています。

その後、チームの主軸バッターになり、向上したのが出塁率です。

 

マイク・トラウト選手を見るならば?

「チームプレー」とは、何かが分かると思います。

出塁率ランキング

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/data/stats/al-stats.html?sdc_page_code=Ranking&sdc_subpage_code=&game_type_id=1&league_code=1&leaders_code=BattingBaseAverageAll&sports_code=sbmlb&operation_mode=

これと、ホームラン数を足せば?

誰が、本当に優れた野手(バッター)なのか、分かります。

 

出塁率を基準に考えるなら?

マイク・トラウト選手

僅差で、「ムーキー・ ベッツ」選手

やや離れるが?「アーロン・ジャッジ」選手

 

チームにとっての最大のメリットは?

そのバッターが、アウトになりにくいことなんですね?

マイク・トラウト選手とNYヤンキースの「アーロン・ジャッジ」選手は、共に2番バッターです。

現在のメジャーの2番バッターは、チームの最強打者の定位置です。

(そうでないチームも、あります)

1番バッターである、「ムーキー・ ベッツ」選手が、ここに入っているのが凄いと思います。

 

選手の能力を、単に打率やホームラン数打点などで判定するのは、メジャーでは時代遅れです。

 

OPS (野球) - WikipediaOn-base plus slugging)

https://ja.wikipedia.org/wiki/OPS_(%E9%87%8E%E7%90%83)

 

出塁率の高いことの、何が凄い?

現時点の確率では?

マイク・トラウト選手」は、100回打席に立って46回出塁していることになります。

そこに長打率が加わります。

それが、単純OPSです。

 

☆それにしても、凄かったですね?

5打数5安打?

2塁打3本にホームラン1本ですと!

誰もが?「唖然!」として眺めるしかないでしょう?
(ピッチャーは、堪忍しておくれ?そんなに、ぼくを苛めないで?今日のNYヤンキースのピッチャーは気の毒だと心底!思います。)

 

大谷翔平くん」も速く、そんなバッターになって欲しいです!

やや、スケールの小さいのが?

NYヤンキース!「スタントン!」大暴れ?
https://blog.goo.ne.jp/kg7n-oka6re4bl_kd6b-ra6bi_4eg/e/1a89a035c5c7bcdbd7e6e17d77f95597
ヤンキース勝利 スタントン4の4、大暴れ
[2018年5月14日13時45分]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805140000521.html

 

NYヤンキースの「スタントン選手」は、去年のナ・リーグのホームラン王で59本のホームランを打ちました。

ア・リーグのホームラン王は、新人資格を持つ「アーロン・ジャッジ」選手の51本。

今年の「スタントン選手」は、ア・リーグに移籍し余りたいした成績は、今のところ見られません。

 

マイク・トラウト選手」を見ていると?チームプレイの意味がよく理解できます。

打撃部門のタイトルは、ないんです(打率とホームラン)。

でも、メジャーでもっとも質の高いスーパースターです。

マイク・トラウト選手」の誇るべき数字は?

出塁率長打率です。

(アメリカ)5月26日>「大谷翔平くん」対ヤンキース戦?残念ながら爆発せず!

大谷、シフトに阻まれ2戦連続無安打/打席詳細
[2018年5月27日12時3分]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805270000072.html

 

大谷、メジャー初2戦連続無安打 打率は3割切って.297 チームは大勝
2018.05.27
https://full-count.jp/2018/05/27/post133006/

 

☆打撃に関しては、これまでが出来すぎだと思います。

流石にメジャーのピッチャーもマークが厳しくなってきました。

でも?大丈夫!

エンゼルスのスーパースターの「トラウト」選手だって、こないだまで不調で?

20打席連続無安打、なんてやってました。

ドンマイ!

現在、メジャーリーグNo1バッターは、誰?

ほんとに凄いなと思います。

イチローをパワーアップして完成度を高めた選手。

誰でしょう?

レッドソックスの「ムーキー・ ベッツ」選手。

ムーキー・ベッツ- Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%84

メジャーデビューが、2014年。

2016年シーズンは、非常に良い成績を残しました。

去年は、やや成績が落ちて迎えた今シーズン。

素晴らしいと言うしかありません。

1番バッターですから、打点部門では劣ります。

それ以外の全ての個人打撃部門で、全部3位以上にランクインしています。

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/data/stats/al-stats.html

全部、出来るんですね?

2番か3番を打てば、打点部門でも上位に来るでしょう。

1992年10月7日生まれの25歳。誕生日が来たら26歳の若い選手です。

驚くのは、体のサイズです。

身長、約175.3 cm。

身長が175cm以下で、やっと「やや体格的に不利があるかもしれない」と思えます。

野手においては、体格や体力のハンデイを言うのは、単なる「言い訳」に過ぎないことが分かります。

投手なら、身長が高いほど有利な傾向はあります。

日本のプロ野球選手と、たいして変わらない体格です。

むしろ、今は日本の選手のほうが「ムーキー・ベッツ選手」と比べるなら、体格的には優れているでしょう。

 

イチロー」が、野手に関しては、非常に悪い前例を作りました。

イチロー」のまねを出来る選手は、そう沢山はいません。

でも?「イチロー」より、もっと小柄な「ムーキー・ベッツ選手」が、「イチロー」よりはるかに凄いことを現在やっています。

 

日本の選手は!「ムーキー・ベッツ選手」を!良き「お手本」にするべきだと思います。

イチロー」は、過去の特殊な選手。

「ムーキー・ベッツ選手」は、現在ブレイク中の非常に優れた選手です。

「ムーキー・ベッツ選手」みたいになれれば?

日本人選手だって、野手としてはメジャーで一流の選手として活躍できます。

レベルが違うんです。

最初から、「ムーキー・ベッツ選手」をお手本とし目標としたなら?

イチロー」より、はるかに優れた野手が生まれるでしょう。

 

現在、メジャーリーグNo1バッターは、誰?

全部、出来ると言う意味で「ムーキー・ベッツ選手」だと思います。

しかも、全てにおいて「超ハイレベル」!

すご過ぎる!!!

(しかも、体格に劣る日本人もまねが出来る!)

(アメリカ)5月25日>「大谷翔平くん」は、ヤンキースの「セベリーノ+チャップマン」に3打数無安打1四球

大谷、大ブーイング敵地で3戦ぶり無安打 チャップマンと全直球勝負も凡打
2018.05.26
https://full-count.jp/2018/05/26/post132645/

一部引用>

エンゼルス大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場し、3試合ぶりに無安打に終わった。3打数無安打1四球で打率.309。第4打席にはヤンキース守護神アロルディス・チャップマンとの対決が実現したが、164キロ速球で遊ゴロに打ち取られた。チームは1-2で敗れた。

<引用終わり

 

8回表、1-2でヤンキースがリードの場面で、ヤンキースのアーロン・ブーン監督は、8回2死一塁の「大谷翔平くん」の第4打席で、クローザーエースの「アロルディス・チャップマン投手」を投入。

見せ場は、あったものの5球すべて直球勝負!最後は、遊ゴロに打ち取られました。

1打席だけの対決で、「アロルディス・チャップマン投手」を打つのは、どんな優れた打者であろうと困難だと思います。普通に打ちにくい左投手が、がんがん!164kmの速球を投げ込んできます。まだ外側に投げられたら幸せ!(左バッターにとって)

内側に投げられると?

ストレートが浮き上がりながらインコースに食い込んできます。

左バッターが、現在の「アロルディス・チャップマン投手」を打つのは、ほぼ不可能と言っていいと思います。

その「アロルディス・チャップマン投手」から、「4球目には大飛球を左翼ポール付近に飛ばした」のが驚きです。外のストレートにタイミングが合い始めているのですね?

左中間に初速170kmの2塁打を何本か打っています。

角度の問題なんですね?角度が低いから2塁打になります。

26度~30度の角度を付けられるようになったら?かる~くスタンドインです。

左中間は、「大谷翔平くん」にとって逆方向です。

その方角に強い打球が打てています。

ですから?「スタンドイン!」は時間の問題に過ぎません。

「いつ?」

の話です。

全方向にホームランを打てるバッターなんか、メジャーと言えどもそんなに沢山は、いません。

アロルディス・チャップマン - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%9E%E3%83%B3

 

先発の「ルイス・セベリーノ投手」は、前回の対戦で「痛い目!」にあっていますから?

今日は、徹底的に外角攻め。

前回、言ってましたから?

「もう、インコースに(ストレートは)投げないよ!」

「ルイス・セベリーノ投手」は、今日の勝利で7勝目。

NYヤンキースの先発エースです。

ルイス・セベリーノ - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8E

大体、アストロズバーランダー投手と同じ(ハイ)レベルでしょう。

+クローザーの「アロルディス・チャップマン投手」では、流石に無理でした!

明日のNYヤンキースの先発は、誰だとは言わないが?

「ルイス・セベリーノ投手」よりは、「大谷翔平くん」には「楽な?」相手です。

明日!NYヤンキースの先発某投手に!「思いっきり!」今日の鬱憤をぶつけたらいいと思います。

明日のNYヤンキースの先発某投手は、誰だか知らないが?

明日は、対「大谷翔平くん」と言う意味では、結構大変だと思います。

何か?一発ありそうな気がします。

非常に楽しみです。

今日は、もう終わったんだから?しょ~がない?

NYヤンキースの万全の「大谷翔平くん」対策にやられてしまいました)

(アメリカ)5月23日>「大谷翔平くん」9回表土壇場同点打、エンゼルスは逆転勝ち

大谷が土壇場同点打 エンゼルス逆転勝ち/打席詳細
[2018年5月24日12時37分]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805240000046.html

一部引用>

ブルージェイズエンゼルス>◇23日(日本時間24日)◇ロジャーズセンター

 エンゼルス大谷翔平投手(23)が5番DHで出場。2点ビハインドの9回1死満塁でバットを折りながら同点となる2点適時打を放ち、チームの勝利に貢献した。

 

 第1打席から三振、四球、左飛、三振、中前打(打点2)で、打率は3割8厘となった。

<引用終わり


大谷、初盗塁でメジャー現役投手4人目の快挙 「わずか26試合」で達成
2018.05.24
https://full-count.jp/2018/05/24/post132090/
大谷翔平、技あり同点2点打に米メディア称賛 「バットで感銘を与え続ける」
2018.05.24
https://full-count.jp/2018/05/24/post132141/

 

☆まあ?「技あり」と言うより?

何が何でもショートの頭を超えてやる!

(気力)

バットをへし折られながら、センター前ヒット!

(力技)

まあ、これが本音でしょう

 大谷、土壇場同点打「食らいついたもの勝ち」
[2018年5月24日13時38分]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805240000439.html

☆しかし、よく打ったと思います。

根性(とパワー)でショートの上を越えた打球でした。

どんな打球でもいいんですね?結果としてヒットになり、チームに勝利をもたらす。

それが、一番大切です。

その後が、また良かったですね!

自身初の盗塁を敢行!見事成功!この盗塁が結果として、チームの勝利を決めました。

その後、(ショートの)シモンズ選手が、タイムリーヒットを打ったので2点勝ち越しに成功。

エンゼルスの(弱体?)リリーフ陣も9回裏何とか1失点で、踏ん張りエンゼルスの逆転勝利となりました。

もし、「大谷翔平くん」が盗塁していなければ、シモンズ選手のタイムリーは1点でしょう。

延長戦になっていたかもしれません。

 

☆非常に厳しい言い方かもしれません。

DH5番を打つならば?

もっと、得点を意識して欲しいです。

得点圏に走者がいるとき、いかにヒットを打つかが今後の課題です。

 

もう一つ課題があります。

それは、高めのストレートをどうやって打つかです。

大谷翔平くん」は、ローボールヒッターだと言うことがメジャーでも分かってきました。

だから、今高めのストレートで攻められることが多いです。

高めのストレートを打つには、バットを上からかぶせて打つしか方法はありません。

日本の野球用語で、「ダウン・スイング」と呼ばれる打ち方です。

ローボールヒッターだと言うことは、アッパー気味にスイングしていることになります。

ボールの高さに応じて、スイングを変えなければなりません。

日本ハム時代に高めをストレートで攻めてくるようなピッチャーは、余りいなかったんでしょうね?

大谷翔平くん」くらいのパワーがあれば、スイングのやり方さえ正しければ、高めの球なんか

かる~くスタンドインだと思います。

(早くお勉強して!やって見せておくれよ!待ってるよ!!!)

「前田健太くん」対ロッキーズ戦、6回2/3を投げ12奪三振無失点で4勝目

前田健太、7回途中零封&圧巻12Kで4勝目! 本拠地スタンディングオベーション
2018.05.24
https://full-count.jp/2018/05/24/post132113/

前田健太、7回途中12K無失点で4勝目 本拠地大歓声に「選手として幸せな瞬間」
2018.05.24
https://full-count.jp/2018/05/24/post132150/

<一部引用

ドジャース前田健太投手が23日(日本時間24日)、本拠地ロッキーズ戦で7回途中を無失点に抑える好投を見せ、4勝目(3敗)を挙げた。自身メジャー最多の111球を投げ6回2/3、2安打12奪三振の快投だった。試合後の会見では「いいボールもたくさんあった。良かったなと思います」と語った。

<引用終わり

<一部引用

ドジャースは救援陣が完封リレー。打線もさらに1点を追加して勝利した。前田はこの日、自身メジャー最多の111球を投げ、6回2/3で2安打4四球12奪三振無失点。防御率は3.38となった。前回のマーリンズ戦でも8回2安打無失点に抑えており、自身2連勝となった。

<引用終わり

 

☆ここ2試合凄く内容がいいですね。

今、ドジャースはメジャーNo1左腕エースが故障離脱中です。

一時は、「前田健太くん」調子が悪く。どうかな?と思いましたが、完全に復調。

ナ・リーグ西地区の現在の首位ロッキーズを押さえたことに大きな意味があります。

去年は、一時的にダルビッシュが加入したため、先発が余りロングリリーフにまわされたりしました。

ここで、チームのために頑張り好投すれば、先発の座は確かなものになるでしょう。

順位表

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/data/standings/

ドジャースは、じわりと差をつめ地区4位ながら、首位ロッキーズまでゲーム差3・5。

前田健太くん」、この調子で頑張って欲しいですね!

打者「大谷翔平くん」は、そろそろ考え方を変えるべきときに来た

大谷翔平くん」は、NYヤンキース打線と、どう戦えばいいのか?
https://blog.goo.ne.jp/kg7n-oka6re4bl_kd6b-ra6bi_4eg/e/2f36c225faa7db7e24113716028298e6

こんな記事を書きました。

☆打者「大谷翔平くん」の最大の魅力は、何か?

「どでかい!」ホームランを打つことです。

大谷翔平くん」は、打者としてメジャーに適応するために色々苦労してきました。

最初は、変化球で内角を攻められ。次は外角ばっかり攻められ。最近は外角+ストレート+変化球です。

大谷翔平くん」は、まじめな野球青年ですから、それを全部打とうとします。

しかし、変化球にタイミングを合わせていますから、ストレートが打てません。

 

NYヤンキースの打線

2番 アーロン・ジャッジ 12本 打率「.286」

3番 スタントン 11本 打率「.263」

4番 グレゴリアス 10本 「.247」

5番 サンチェス 12本 「.231」

2番から5番まで、ホームランバッターが並びます。

 

☆これが、今のアメリカ野球なんです。

ホームランバッターは、3割を打つ必要はありません。

何かを選択するなら、何かを捨てなければなりません。

大谷翔平くん」の最大のメリットは、「どでかい!ホームラン」を打てるところにあります。

打率を求めれば、ホームランは少なくなりますし、ストレートすら打てなくなります。

 

☆ストレートのタイミングで待ち、変化級に対応する基本に戻るべきです。

それがまた、今のアメリカ野球にもマッチしています。

まして、二刀流をやろうとすれば?

「打率とホームラン」を同時に求めるのは、いかに天才といえども無理です。

打者の本職である、NYヤンキースの2番から5番の打率を見れば、よく分かります。

打率なんか気にしていません。

ホームランが、どれだけ打てるかが問題です。

 

☆二刀流なんだから、投手のほうでチームに貢献すれば十分でしょう!

打者としては、ホームランで貢献する。

打率なんか2割2分~2割5分で十分だと思います。

その代わり、ホームランをがんがん!打ってチームに貢献すればいいんです。

そのためには?

ストレートのタイミングで待たなければなりません。

ストレートのタイミングで待ち、変化球に対応したら「打率」は、当然下がります。

「打率」なんか、NYヤンキースの2番から5番の打率を見たら、気にする必要はないでしょう。

ストレートにタイミングを合わせて、まずホームランを狙う。

「ツーストライクになったら、来た球は何でも打つ」

こんな感じでやらないと?

大谷翔平くん」のホームランバッターの才能が、泣いてます!

今、メジャー野球の得点源は、ホームランです。

ヒットを、ちょこちょこ打ってもダメです。

変化球は、ホームランにしにくいです。

だから、基本に帰ってストレートに的を絞り、ホームランを狙うんです。

器用に何でもかんでも、やろうとするから基本が崩れているんです。

初対面のピッチャーが多いのですから、どんな変化球を投げてくるか対戦してみないと分からないでしょう。ストレートは、質の違いはあれども、基本同じです。

だから、ツーストライクまでは「ストレート狙い!」

変化球は、その後考えればいいんです。

 

☆「大谷翔平くん」が苦労してヒットを打っても、得点にならないケースが多いでしょう?

ホームランなら、最低1点は入ります。

大谷翔平くん」は、ヒットを打って次につなぐバッターではないんです。

「ホームラン」を打って、試合を決めるバッターなんです。

打率なんかどうでもいいから!がんがん、ホームランを狙え!!!

ホームランバッターが、ストレートで攻められて凡退するなど、あってはならないことです。

だから、ストレートをほうり込む。(=ストレート狙い)

センター方向の打球が多いのも、気に入りません。

やや甘い外目のストレートまでは、「思いっきり!」引っ張れよ!

ライトスタンド中段から上段に、ぽんぽん打ち込めば、ピッチャは「びびります」。

そうしたら?

ピッチャーは、「逃げに入ります」。

変化球や外角低めを打つのは、それからで十分です。

ナショナルズのマイケル・テイラー(センター)の「ミサイル捕殺」!とは?

ほぼノーステップで…ナショナルズ中堅手が圧巻の159キロ”キャノン”補殺
2018.05.23
https://full-count.jp/2018/05/23/post131965/

1-1と同点で迎えた6回2死二塁の場面

ナショナルズのマイケル・テイラー外野手が打球(センター前ヒット)を処理すると、ほぼノーステップでダイレクトで、バックホーム

ここまでは、センターなら誰でもするでしょう。

 

当然ながら、2アウトですから走者は打撃と同時にスタートする。

ところが?

走者は、ホームでタッチアウト!

(一度はセーフの判定となったが「チャレンジ」により判定は覆り、アウトとなった。)

「スタットキャスト」の公式ツイッターはこの動画を公開し、テイラーの“キャノン砲”は98.8マイル(約159キロ)を計測したことを紹介。

おまけがあって、試合は同点の9回1死二塁の場面でマイケル・テイラー外野手がセンター越え2塁打をかっとばしナショナルズがサヨナラ勝ち。

 

☆マイケル・テイラー選手は、投手に転向したほうがいいんじゃないか?

投手になったら、多分165kmぐらいのストレートを投げる「豪腕ピッチャー」になれるでしょう。

27歳ですから先発は、無理かも知れないです。でも「クローザー」なら、絶対!出来ると思います。

マイケル・テイラー (1991年生の外野手) - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BC_(1991%E5%B9%B4%E7%94%9F%E3%81%AE%E5%A4%96%E9%87%8E%E6%89%8B)

打撃もそこそこですから、「二刀流」になれます。

まだ27歳だから、やったら出来るんじゃないでしょうか。

むしろ投手(クローザー)に専念したほうが、いいかもしれません。

ナショナルズに手紙を書こうかな?「マイケル・テイラーを投手に転向させてください!」

 

☆大体ね?こんな豪返球の出来る野手に、投手をやらせてみようと?

ナショナルズや傘下のマイナーのコーチは、誰も考えなかったんでしょうかね?

頭!おかしいんじゃないか!

メジャーリーグのニュース、「MLB.jp」から

MLBの日本語公式サイトです。

当然ながら、その日のメジャーリグの記事が満載。

一応、記事タイトルだけ転載

 

MLB.jp
http://www.mlb.jp/
ニュース
http://www.mlb.jp/category/news/
完封リレーで接戦を制したブリュワーズが首位固め
2018.5.23 13:00 Wednesday
パドレス1-2xナショナルズ】@ナショナルズ・パーク

テイラーのサヨナラ打でナショナルズが投手戦を制す
2018.5.22 15:30 Tuesday

ロッキーズ2-1ドジャース】@ドジャー・スタジアム

エンゼルスの連敗止めた救世主 大谷が8回途中2失点で今季4勝目
2018.5.21 10:00 Monday

【レイズ2-5エンゼルス】@エンゼル・スタジアム

ジャンセンが1日2セーブの活躍 ドジャースダブルヘッダー制す
2018.5.20 15:30 Sunday

第1試合【ドジャース4-1ナショナルズ

第2試合【ドジャース5-4ナショナルズ

メリーフィールドが3安打の活躍 ロイヤルズが1週間ぶりの勝利
2018.5.19 16:00 Saturday

ヤンキース2-5ロイヤルズ】@カウフマン・スタジアム

マーリンズ・田澤がDFAに 今季22登板で防御率9.00
2018.5.18 11:00 Friday

マーリンズが接戦制す 6連敗のドジャースはついに最下位転落
2018.5.17 15:30 Thursday

ドジャース5-6マーリンズ】@マーリンズ・パーク

不振のファウラー&カーペンターが躍動 カージナルス連敗ストップ
2018.5.17 12:00 Thursday

カージナルス7-5ツインズ】@ターゲット・フィールド

動画(こちらは、動画が付いている場合もあります。)
http://www.mlb.jp/category/movie/
テイラー&プイーグの二者連発でドジャース逆転勝利
2018.5.23 18:40 Wednesday

セグーラが積極走塁で決勝ホームイン マリナーズ4連勝
2018.5.23 18:20 Wednesday

ロイヤルズ・ハメルが7回1失点の好投で今季初勝利
2018.5.23 17:50 Wednesday

コール好投&ケンプ5打点のアストロズが11得点で大勝
2018.5.23 17:00 Wednesday

リンが今季最高のピッチングで2勝目 ツインズ3連勝
2018.5.23 16:30 Wednesday

8回裏3得点のWソックスが逆転勝利 サンチェス決勝打
2018.5.23 15:50 Wednesday

ヤンキース追い上げ実らず首位陥落 ハメルズ攻略できず
2018.5.23 15:30 Wednesday

ハービーが6回1失点の好投で今季&移籍後初勝利
2018.5.23 15:00 Wednesday

ベッツが16号先制3ラン 好投のセールは今季5勝目
2018.5.23 14:40 Wednesday

ラミレスの一発で猛攻開始 インディアンス5割復帰
2018.5.23 12:40 Wednesday

アルビーズが14号先制弾 ブレーブス地区首位キープ
2018.5.23 12:10 Wednesday

左腕・スミスが1失点の好投 マーリンズ連敗ストップ
2018.5.23 11:30 Wednesday

初回5得点のブルージェイズが逃げ切り 大谷ノーヒット
2018.5.23 11:00 Wednesday

新鋭オニールが3試合連発!マイコラスは初完封で6連勝
2018.5.22 18:30 Tuesday

ソロ3本で3得点のオリオールズが1点差の接戦を制す
2018.5.22 16:30 Tuesday

ヤンキースが5発で田中を援護 田中は5回4失点で5勝目
2018.5.22 15:00 Tuesday

ブリュワーズが3本塁打で好投手・グレインキーを攻略
2018.5.22 14:30 Tuesday

ベリオスが8回2失点粘投 ツインズが3連戦初戦を獲る
2018.5.22 13:30 Tuesday

バルガスがメッツで初めての好投 嬉しい今季初勝利
2018.5.22 13:00 Tuesday

4発含む15安打10得点の猛攻でナショナルズが大勝
2018.5.22 12:30 Tuesday

(アメリカ)5月22日>「大谷翔平くん」ブルージェイズ戦、DH5番3打数無安打、エンゼルス3-5で敗北

大谷翔平くん」個人としては、こないだ投手として4勝目を上げました。

今日、ノーヒットでも問題はありません。

大谷翔平くん」は、毎試合ヒットが普通ですから、さびしい気持ちはあります。

でも?しょ~がないわね?

バッターであれば、ヒットの打てない日もありますのです。

エンゼルスのスーパースターのトラウトだって?

20打席連続無安打!なんてやってました。

それにしても、最近弱すぎるエンゼルス

ブルージェイズに負けてるようでは、地区優勝なんか?絶対無理!

ワイルドカードも危ないですよ!

ワイルドカードゲーム
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0

 

今の状況では、東地区のチームと西地区のチームが獲得すると思います。

東地区は、レッドソックスヤンキースの激戦!

どっちかが地区優勝して、どっちかが「ワイルドカード」を獲得するでしょう。

ワイルドカード」は2枚あり、2枚目は西地区の2位のチームが獲得すると思います。

ワイルドカードを獲得したチームは、一発勝負の「ワイルドカードゲーム」を戦い、勝者がポストシーズンに出られます。もっとも、この時点で地区優勝チームとは、大きなハンデイがあります。

 

MLB順位表

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/data/standings/

現在、3位。イチローマリナーズが2位。

やっぱり、「大谷翔平くん」!ポストシーズンまで行って欲しいですもんね!

 

☆忘れてました!肝心の試合結果と「大谷翔平くん」の成績

大谷3打数無安打 エンゼルス敗れる/打席詳細
[2018年5月23日11時3分]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805230000027.html

 

大谷、球宴投票に登録 二刀流は指名打者
[2018年5月23日12時54分]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805230000393.html

 

☆また、試合前の打撃練習で驚かせたそうです!

試合で、それを(出来るだけ早く)やって欲しいです!

大谷、また驚愕フリー打撃 “5階席弾”を地元テレビやMLB公式も紹介し話題
2018.05.23
https://full-count.jp/2018/05/23/post131684/

平野佳寿くんは、毎日頑張っていますが?Dバックスは6連敗

Dバックスは6連敗も…平野佳寿は完璧救援、1回無安打2Kで防御率2.11に
2018.05.23
https://full-count.jp/2018/05/23/post131692/

 

ダイヤモンドバックスも4月は、ナ・リーグ西地区の首位を独走していました。

5月に入り調子が悪くなり!最近は、ぜっ不調!

この地区のチームは、負け始めると「とめども無く負ける」傾向があります。

去年独走してア・リーグ優勝したドジャースも後半に10連敗ぐらいしていました。

現在、首位ロッキーズと0・5ゲーム差の2位。

直近10試合は、1勝9敗と「どん底状態」。

悪いことに、「平野佳寿くん」はダイヤモンドバックスと2年契約してしまいました。

単年にしておけば、来年どこか他の球団に移籍できたのにね?

セットアッパーとして、これだけ活躍すれば獲得したい球団は、複数あるでしょう。

投球回数が短いから、急には防御率はアップしませんが今の調子で頑張れば、やがては防御率1点台まで行くでしょう。クローザーだって勤まるかもしれません。

平野 佳寿(ひらの よしひさ)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E4%BD%B3%E5%AF%BF

地味だけど、着実にメジャーでの実績を重ねています。

チームの勝敗に関係なく、頑張って欲しいですね!

ダイヤモンドバックスも、ねえ?

チーム打率「.215」では?どうにもならないでしょう!

 

☆ちなみに最近の「平野佳寿くん」の成績

https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/japanese/hirano/hirano01.html

8試合連続救援成功(自責点・失点ゼロ)です。

チームは、3勝5敗。

「異次元シンカー」は更に進化する(カージナルス21歳右腕のジョーダン・ヒックス投手5月20日)

「人間とは思えない」カ軍21歳が投じた169キロ“シンカー”映像にファン驚愕
2018.05.22
https://full-count.jp/2018/05/22/post131355/
異次元の170キロへ王手 カージナルス右腕が驚愕の豪球169キロを2度計測
2018.05.21
https://full-count.jp/2018/05/21/post131347/

これまでのMLB最速記録であるを持つヤンキースのアルディロス・チャップマン投手。

21歳右腕のカージナルスジョーダン・ヒックス投手。

少し前に、164kmか165kmのシンカーを投げて驚かせてくれました。

5月20日(日本時間21日)に行われた本拠地でのフィリーズ戦で、更に驚きの!

105マイル(169キロ)のシンカーを2球投げたんだそうです。

【動画】169キロの“超高速シンカー”にチームメイトも唖然… カージナルス右腕がチャップマンに並ぶ豪球披露

https://twitter.com/MLB/status/998314271053307904?ref_src=twsrc%5Etfw

 

164kmか165kmの高速シンカーに「目をむいた!」のが、ほんの1週間か10日前の話。

それから、更に球速を増しています。

まだ21歳ですからね?

一体、どこまで速くなる事やら?

 

☆本人に「こだわり?」があるのかもしれません。

でも?ファンとしては?

普通に、フォーシームを投げて欲しいです。

シンカーばっかりなんですね?

確かにシンカーは、ストレートと球速はそれほど変わりません。

真っ向勝負で!ど真ん中に「フォーシーム」を投げ込んで欲しいです!

おそらく球速時速170kmは、軽く超えると思います。

真ん中に投げたって、打者は打てないでしょう?

凄く!見てみたいです!

 「ジョーダン・ヒックスくん」

次は、思いっきり!真ん中にフォーシームを投げてください!

バッターは、絶対打てないと思います。

 

☆問題は、あります。

余りにも、シンカーが切れすぎてキャッチャーが捕球できません。

それは?つまり?ボール!ってことです。

「コントロールを磨けよ!」

今回は、左バッターだから問題はなかったけれど?

右バッターなら、文句なしのデッドボールです。

コントロールが、悪すぎるわ!

「大谷翔平くん」は、NYヤンキース打線と、どう戦えばいいのか?

田中将大vs大谷翔平 投げ合い28日実現へ
[2018年5月22日8時21分]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805220000130.html

 

田中将大くんのほうには、エンゼルス打線が、頑張るしかありません。

問題は?ヤンキース打線VS大谷翔平くんです。

一応、(アメリカ)5月21日の先発メンバーを調べてみました。

2番 アーロン・ジャッジ 12本 打率「.286」

3番 スタントン 11本 打率「.263」

4番 グレゴリアス 10本 「.247」

5番 サンチェス 12本 「.231」

2番から5番まで、ホームランバッターが並びます。

 

もちろんそれ以外の選手も、ホームランを打ちます。

まあ、6回3失点ぐらいで切り抜けられたら、上出来だと思います。

 

☆甘い球、コントロールミスは許されません。四球もだめです。

そして、2番~5番の前にランナーを出してはなりません。

走者なしの状況で、勝負しなければなりません。

走者がいなければ、ホームランを打たれても1失点で済みます。

 

☆ホームランを2本や3本打たれるのは覚悟して投げなければなりません。

仮に6回を投げるとして、失点2~3は、仕方がないです。

味方の反撃を待つしかありません。

 

☆ホームランを防ぐと言う意味で有効な球種は、カーブとスプリットです。

スライダーは、コントロールミスをすると危ないかもしれません。

ストレートは、高めは「見せ球」にして低めで勝負するしかないでしょう。

 

☆好調のヤンキース打線を、抑えるのはかなり難しいと思います。

でも、これを6回3失点ぐらいで抑えられたら?

それ以外のチームは、全部抑えられます。

ホームランは、打たれると思います。

それを、ソロホームランにすることです。

3本打たれたって、3失点です。

 

☆メジャー最強打線ですからね?

武者震いして、戦って欲しいです!

大谷翔平くんのほうにも、戦いようはあります。

「2番 アーロン・ジャッジ選手」以外は、打率が低いです。

ここら辺が、ポイントですね。

1発さえ防げば、打率の低い打者が並んでいます。

下位打線も似たようなものです。

打率の高いのは、9番のG.トーレスの「.321」だけです。

一方、チーム本塁打は72本。

好調のヤンキース打線の得点源は、一発攻勢です。

それを防げれば、勝機はあります。

「大谷翔平くん」の話題をいくつか拾ってみました

大谷が使い分ける“ギア”の存在 女房役が証言「全く別の野獣に変身する」
2018.05.21
https://full-count.jp/2018/05/21/post131289/

<一部引用

「走者が得点圏まで進むと、彼は全く別の野獣に変身するんだ。速球が違えば、スプリットも違う。スライダーだって変わってくる。それが自分には感心するしかなかった。走者が二塁にたどり着いた瞬間、彼はギアを1段階上げるスイッチを入れるんだ。92~94マイル(約148~151キロ)の速球なんて投げてこない。いつだって97マイル(約156キロ)以上なんだよ」

<引用終わり

ランナーがいないときは、省エネ投法をしているんですね。

ランナーが2塁に到達すると、ギアがアップして全力モードになるのだそうです。

 

8回途中9K2失点の大谷に敵将脱帽「非常に関心」「バーランダーのようだ」
2018.05.21
https://full-count.jp/2018/05/21/post131177/

レイズのケビン・キャッシュ監督がこのようにコメントした理由です。

 

絶大な威力を持つ大谷のスプリット 被打率.023に米記者「取り乱すな」
2018.05.21
https://full-count.jp/2018/05/21/post131240/

大谷翔平くん」のスプリットは、まだサード強襲ヒット1本だけしか打たれていないそうです。

 

大谷の打球音に敵捕手唸る Aロッド、オルティス、トラウトと共通の「独特な音」
2018.05.15
https://full-count.jp/2018/05/15/post129526/

<一部引用

対戦したツインズ捕手(ボビー・ウィルソン)は「打者・大谷」について、特別な選手だけが響かせる「快音」に着目。大谷の同僚で2度のMVPを誇るマイク・トラウト、メジャー史上4位の通算696本塁打を記録した元ヤンキースアレックス・ロドリゲスら名打者と「同格」と称賛している。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」電子版が報じている

<引用終わり

 

キャッチャーだから、聞ける打者固有の打球の音があるんでしょうね。

あくまでその人の感覚に過ぎません。

音だけだったら、スーパースターの仲間入りです?

 

☆予定では

田中将大vs大谷翔平 投げ合い28日実現へ
[2018年5月22日8時21分]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201805220000130.html

大谷翔平くん」次は、強敵です。

いったん、ヤンキース打線が打ち始めるとぼこぼこホームラン打たれますからね?

これ以上に強力な打線は、他にはありませんから?