「北の山・じろう」日経平均先物トレード

 ☆今は、無きブログのタイトル☆ 『取り残された福島県民が伝えたいこと』 管理者名 「取り残された福島県民」 当時のURL>http://ameblo.jp/j-wave024/

パソコンの、やや「オタクっぽい」話

現在、休業中なのでリハビリ以外にすることがありません。
しかし、リハビリのやりすぎで何回か故障してしまいました。私は、まじめ人間です(自分で言うのもなんですが)。
昔、言われたことがあります。
「真面目が、羽織袴を着て歩いているみたいだ。」

リハビリをするにも、限界があり?
無理は、しないことにしました。
少し遠いところは、自転車を買って自転車で往復しています。自転車に乗ってみると?
「こんな距離を無理やり、徒歩で往復していたんだから、故障するのも当然だ。」
と自覚しました。

さて、そのようなわけで時間が大幅に余ります。
そこで、USBメモリの大掃除兼整理を始めました。
これが、実に大変です。
随分、昔から溜まっていた主にログインIDやパスワードの整理と保管をしています。
当然ながら、ログイン確認をして「ログインIDやパスワード」を確認し暗号化して保管していきます。
これを、当然手作業でやると?
うんざりするほど、手間暇と時間がかかります。

昔も暗号化に凝りまして、今では復旧不可能なのも沢山あります。そんなのは、全部捨てまして今必要なものだけ再記録?しました。

実際には、そんなにたくさんのIDやパスワードは必要がありません。いくつかのメールアドレスと証券会社系の情報が必要なだけです。プロバイダとか、マイクロソフトとか?せいぜい、そんなものです。

たいした分量ではありませんから、私はUSBメモリを利用してパソコンの外部に重要な情報を保管します。パソコンの中には、どっちでもいいような情報しかありません。
随分前に、パソコン・ウイルスに感染してこのような癖が身に付きました。

コロナ・ウイルスと似たようなもので、パソコン・ウイルスも、そこらへんに普通にあります。

日本の某大手大企業のホームページが、パソコン・ウイルスの拡散もとになったケースもあります。
それは、なぜか?
ホームページの作成会社のコンピュータが、パソコン・ウイルスに感染していたからです。

もっとすごい例もあります。
私の場合?
無料のセキュリテイソフトが感染源でした。
おい?おい?
約今から、20数年前の本当の話です。

インターネット・セキュリテイに関しては、これで十分と言うことは、ありません。
ハッカーが、秒速単位で進化しているからです。
しかも?優秀なハッカーの使っている暗号化技術は、現在の普通に使われている暗号化技術のはるかに上を言っている。

つまり?一旦ハッカーグループに重要情報を暗号化されてしまうと?それを復元するには?どれほどの時間が必要なのか、全然分からないと言うことです。

もっとも、ハッカーグループも進化したので個人を狙うようなケースは、ほとんどないと思います。お金を払って解決する可能性のある企業や団体が、主にターゲットになります。

個人を相手にするのは、低レベルか初心者のハッカーでしょう。数千円か数万円のお金で満足するようなレベルです。

長くなったので、今日はおしまい。
最後まで気長に読んでくれた人・・・
ありがとう!

☆ご参考
ワープロ表計算ソフトの無料版があります。
OpenOffice」で検索してください。
ダウンロードのリンクを見つけるでしょう。
それを、ダウンロードしてご自分のパソコンにインストールします。
(この部分が理解できない人は、ご自分でお勉強してください)
そうすると?標準仕様で暗号化の選択が出来ます。
もちろん、パスワードを付けないで普通に保管することもできます。
私は、重宝してずいぶん前から利用しています。

 

ウクライナ人道危機救援金 - 日本赤十字社

www.jrc.or.jp